2020年の英語教育改革でここが変わる!知っておくべき3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
8488921e316ea79e501197a61c237169_s

わが国の英語教育が大きな転換点をむかえています。

文部科学省が2020年度からの導入を進めている英語教育改革

東京オリンピック・パラリンピックを迎える2020年を見据え、小・中・高等学校を通じた新たな英語教育改革を順次実施できるよう、検討・準備が進められています。

よく知られているのは小学校英語の早期化ですね。
保育園児・幼稚園児・小学校低学年のお子さんにもろに直撃する改革であることはいわずもがなですが、小学校高学年や中学生のお子さんをもつ親御さんにとっても、大学受験が大きく変わるという点から注視しておくべき問題なのです。

そこで、意外と知られていない2020年英語教育改革について、知っておくべき重要な3つのポイントに絞って簡単&わかりやすくご説明します。

Point① 大学入試が変わる

2020年にはセンター試験が廃止され、それに変わる新試験「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)が導入されます。
英語に関して言えば、TOEFLTEAPといった「Reading(読む)」「Listening(聞く)」「Writing(書く)」「Speaking(話す」の4技能構成のテスト形式の予定です。
つまり、これまでは「Reading(読む)」「Listening(聞く)」だけのテスト形式から大きく変わることになります。

Point② 小学校で英語が「教科化」

現在は小学校5-6年生で英語の授業がありますがあくまで「英語に触れる」ことが目的。
2020年からの新学習指導要領では「英語に触れる」にとどまらず、国語・算数・理科・社会などと並んで「教科」という位置づけになります。「教科」ということは、教科書があり成績という形で評価がつくということです。英語の授業時間も増え、週3コマになります。
そして小学校3年生から英語の授業が始まる(週1~2コマ)、つまり小学校英語教育が前倒しされるのです

Point③ 中学校・高校で英語の授業は英語で行われる

中学校も高校も、英語の「授業は英語で行うことが基本」とされます。
これまでの「文法や語彙等の知識がどれだけ身に付いたか」という観点での授業から、「英語を用いて何ができるようになったか」を重視する授業・成績評価へと移行していきます。
指導語彙(英単語・英熟語)も中学、高校ともに大幅に増加する見込みです。(中学:900語程度⇒1200語程度、高校:1300語程度⇒1800語程度)
e02e53e7660e6cb8eed98ec319b7e628_m (2)

おわりに

いかがでしょうか? 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて社会は盛り上がりを見せる一方、さらなるグローバル化の進展に向けて、英語教育も大きく変化しようとしています。
「英語がますますむずかしくなる・・・」とただただ状況を悲観するのではなく、英語を身につけたその先にある「わくわく」や「新たな可能性」をお子さまと一緒に見据えて、まずはお子さまが英語が好きになる環境をつくってあげるにはどうしたらいいか、を考えてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MAKI英語コーチ/英会話講師

投稿者プロフィール

東京大学卒
英国ケンブリッジ大認定英語教師(CELTA取得)
学習塾や英会話スクール、大学受験予備校などでの指導をへて、
現在、英会話スクール Lifework(ライフワーク)代表・講師

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

よろしければ応援クリックお願いします。 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

ブログランキング
ページ上部へ戻る