今海外ニュースで頻出するワード「Brexit」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Brexit

英国の国民投票の結果が出て、EU離脱がほぼ決まったかたちとなりましたね。

さて、このEU離脱に関する海外ニュースで飛び交ってるキーワードが、

”Brexit”

これ、”Britain”(英国)”exit”(出る)を合わせた新しい造語なんです。

1語で「英国のEU離脱」という意味になります。

読み方をカタカナ表記したら、「ブレキジット」となります。

アクセントは、”exit”の’i’の部分、つまり「キ」のところを強く読みます。

今回の一連のニュースで同じくよく出てきたワードをもうひとつ。

”referendum”

レファレンダム」とカタカナ表記をすると、学生のころ世界史を勉強された方なら、懐かしい~と感じる方が多いのでは?

今回の国民投票の結果で、イギリスは、ヨーロッパは、そして世界経済はどうなっていくのでしょうか・・・?

株式市場ではさっそく大きな影響が出て、株価が急落していますが、金融市場だけにとどまらない、大きな問題になりそうですね。

”Brexit”(ブレキジット)も、近い将来、世界史のキーワードとして教科書に登場するのでしょうね~。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MAKI英語コーチ/英会話講師

投稿者プロフィール

東京大学卒
英国ケンブリッジ大認定英語教師(CELTA取得)
学習塾や英会話スクール、大学受験予備校などでの指導をへて、
現在、英会話スクール Lifework(ライフワーク)代表・講師

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

よろしければ応援クリックお願いします。 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

ブログランキング
ページ上部へ戻る