英語の聞き流しは効果なし??→●●●聞きをしよう!

 
時間管理,勉強

この記事を書いている人 - WRITER -


英語コーチ/英語トレーナー。オンライン(スカイプ・電話)と那覇教室にて英語学習のコーチングおよび、英会話を教えています。くわしいプロフィールはコチラ

MAKI

英語の聞き流し、5~6年ほど前は、某「聞き流し教材」がバカ売れし、聞き流しが異常に流行った時期もありました。

およそ10年前、「聞き流すだけで英語がペラペラに~!」という宣伝文句を信じて、この12枚のCDセットを購入してしまったのは私です。

「ペラペラに~♪」を夢見て、毎日通勤時間を使って真剣に聞いてましたよ(笑)。

驚くなかれ!

なんと、ペラペラにっ!!


・・・なりませんでした~~(涙)。


英語のシャワーを浴び続ければ、英語のスピードに慣れ、次第に聞き取れるようになる・・・ような気がしますよね。

しかし、それも「今は昔・・・」の話。

最近は、「聞き流しは効果がない」という意見も出てきました。

聞き流しは、まったく効果がないのでしょうか?

それでも「聞き流し、その効果はどうなの?」について今日は書いてみました。


「聞き流し」の効果は??


「聞き流しは全く意味がない」とは私は思いません。

聞き流しは、毎日の「リスニングの習慣化」の入口としては最適だと思うのです。

「忙しくて時間がない中で、リスニングの絶対量を確保する!」

まずは、そんな目的で「聞き流し」を始めてもいいと思うのです。

人は忙しいからと、英語の勉強を後回しにしがちです。

「リスニングの絶対量を確保する」ことをとりあえずの目標として、まずは「聞き流し」から始めるのは私は悪いことだとは思いません。

また、

・気が付いたら英語を聞いている

・英語を聞かずにはいられない

といった「リスニングの習慣化」の導入部分としては、「聞き流し」の効果を認めていいと思います。


こんな「聞き流し」は効果がない!


ただし、英語の「聞き流し」をず~っと続けても、意味がありません。

つまり、リスニング力のアップという点では、英語の「聞き流し」自体には抜本的な効果はない、と私は考えます。

「聞き流し」の効果としてよく挙げられるのは次のようなものではないでしょうか?


→ とにかく大量の英語を浴びて「英語耳」をつくる!


しかし、大量の英語をただただ聞くだけでは「英語耳」は作れません。

英語圏の赤ちゃんは、親からの英語のシャワーを浴び続けて、いわゆる「英語耳」が形成されていくわけですが、私たちに日本人の大人にもこれが当てはまるわけではないことは、なんとな~くご理解いただけるはずです。

英語のリスニングをするとき、まるで音楽を聴くがごとく、まったく文脈を追わず、英語をただ後ろで流れている状態にしてしまう・・・これでは英語はただのBGMになってしまい、意味のある「言語」として処理していないので、英語学習になっていません。

なぜなら、私たちにとって、意味のある言葉=言語はあくまで日本語です。

すでに日本語が母国語として完全に定着してしまっている大人が、ただ聞き流すだけでは、英語は、極論すれば「雑音」のままで、意味のある言葉としてとらえられません。

毎日リスニングをしていてもリスニング力が全くアップしない、という人は、すでに効果のない「聞き流し」をしてしまっていると考えてよいでしょう。

「ながら聞き」にすると効果あり!


じゃあ、

リスニングは椅子に向かって、机に向かい、じっくりと英語だけを聞く、というふうにしなければいけないのか?

というとそうではありません。


時間を効率よく使うために、何かをしながら英語を聞くのは、効率のよいリスニング学習です。

つまり、「ながら聞き」です。

「ながら聞き」が「聞き流し」と違うのは、英語を聞くときの意識、すなわち脳の状態です。

ウォーキングやジョギング、お皿洗いや洗濯干し・・・など、体や手足を動かしていても、頭が特に働いておらず、耳や意識を英語の音声に向けることができるのであれば、リスニング学習としての効果は高いと言えます。

一方、同じ体や手足を動かすのであっても、料理やプレゼン資料の作成、オンラインゲームをしながら・・・などのように、頭を使う作業の場合は、英語に意識が向かず、耳を素通りしがちです。

したがって、「ながら聞き」をするのは、耳と意識を英語のほうに向けられるような単純作業をするときがおすすめです。


「英語の聞き流し」の効果&「ながら聞き」まとめ


いかがでしたか?

ただ英語を流して英語を流すだけの「聞き流し」は効果はあまり高くないですが、英語に意識を向ける「ながら聞き」にするとリスニング効果が表れます。

ぜひ「聞き流し」にならないように注意して、「ながら聞き」でリスニング時間を増やしてみてくださいね。


 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 英語コーチ MAKI(川崎真希) , 2018 All Rights Reserved.