「夢や目標を紙に書く」ことの驚くべき効果~ハーバード大学の実験調査から~

 

この記事を書いている人 - WRITER -


英語コーチ/英語トレーナー。オンライン(スカイプ・電話)と那覇教室にて英語学習のコーチングおよび、英会話を教えています。くわしいプロフィールはコチラ

MAKI

「夢や目標を紙に書くと達成しやすい」とよく言われますが、本当でしょうか?

実は、この「目標を紙に書く」ことの効果について驚くべき結果が、米ハーバード大学の実験&調査によって明らかになっています。

目標を紙に書いたら年収10倍?!

ハーバード大学で、ある教授が「学生たちに目標を持っているかどうか」を質問しました。

その結果は次の通りです。

84%の学生は、目標を持っていない。

13%の学生は、目標を持っているが、紙には書いていない。

3%の学生は、目標を持っており、それを紙に書いている。

目標を持っている学生は、たったの16%

そのうち、目標を紙に書いている学生となると、たったの3%だけという結果でした。

 

それから10年後、教授は、その学生(元学生=卒業生)たちの現在について調査をしました。

すると、次のような驚くべき結果が得られたのです。

その卒業生たち全員の年収を聞き取り調査したところ、10年前の当時に目標を持っているが紙には書いていなかった13%の人の平均年収は、目標を持っていなかった84%の人たちの約2倍だったのです。

これだけでも目標を持つことの効果がわかりますね。

しかし、この調査の驚くべき結果はそれだけではありませんでした。

さらに驚くべきことには、目標を紙に書いていた3%の平均年収が、残り97%の人たちの10倍以上だったのです。

目標を紙に書くことの効果

では、なぜ目標を紙に書くことで、このような驚くべき違いが生まれるのでしょうか?

日本一のマーケッターとして知られる神田昌典さん(私も一時お世話になりました!)も、著書『非常識な成功法則』の中で、

「目標は紙に書くと実現する」

と書いておられます。

また、『一冊の手帳で夢は必ずかなう』というベストセラー本で知られる熊谷正寿社長も、本の中で、

「自分の夢や、将来の目標、やりたいこと、人生の計画」などすべて手帳に書き込むべきだ

とを主張しています。

さらには、その「手帳を常に持ち歩く」ことの重要性を強調しています。

実際、成功者や大きな成果を出している中には、目標を紙に書き出し常に持ち歩いていたり、毎日目にする場所に貼っているという方が多いようです。

まず、紙に書くことで目標が具体化しやすくなります

紙に書くためには言語化する必要があるので、言語化できるよう整理できていないと書けないと思います。

それに加えて、紙に書いた目標を何度も見返すことにより、脳の中の潜在意識に刷り込まれます

その結果、目標を達成するために必要な情報が入ってきやすく(=敏感になる)なったり、目標達成へ行動を習慣づけやすくなるのです。

その結果、目標が実現する可能性が高まるというわけです。