英語育児のお悩み「私の間違った英語を覚えそうで…」

 

この記事を書いている人 - WRITER -


英語コーチ/英語トレーナー。オンライン(スカイプ・電話)と那覇教室にて英語学習のコーチングおよび、英会話を教えています。くわしいプロフィールはコチラ

MAKI

私のところには、ときどき「英語育児」や「バイリンガル育児」のお悩みやご相談が来ます。

「英語育児をしたい」というお母さんへの英語学習コーチングもしています。

その中でこんなお悩みのご相談をよくいただきます。

「子どもに英語で語りかけをしたいけれど、自分の英語が正しいのか自信が持てなくてなかなか実践できない。」

「日常レベルの英語なら問題ないけれど、子どもに万一間違った英語で話しかけると間違った英語を子どもが覚えてしまいそうで、英語での語りかけを躊躇する。」

といったものです。


ちなみに、ご相談者はみなさん、

「英語はわりと得意だった」
「中学英文法なら余裕」
「TOEIC 700以上」

など、英語の基礎はで十分で、英語レベルが比較的高めの方もいらっしゃるのです。

ここまでくると、英語レベル的には英語育児やバイリンガル育児は十分可能です。

だからこそ・・・、なのか、「間違った英語を話すこと」に慎重になるのかもしれません。


英語育児に必要な英語レベル


英語育児に必要な英語レベルは、そう高くありません。

英文法なら、中学1~2年生レベル。

英単語なら、日常会話に必要な単語2000語程度(中学校の教科書に出てくる程度)で十分です。

英語育児を実践するためには、まずは、これらの英文法や日常レベルの語彙をインプットしておくことが必要ではあります。

あとは、こうした基本知識やルールを使って、自分の言いたいことをパッと言える瞬発力があれば、英語育児って、技術的には難しくはありません。


とにかく始めてみる!語りかけながらトレーニング


「英語育児をやりたい!」と思うなら、とりあえず、できる声かけから英語を使ってみることです。

最初から、「オール・イングリッシュ」と意気込むと、すぐに挫折します・・・。

“Good morning!”「おはよう」や”Good night!”「おやすみ」などの基本的な日常の挨拶表現から、

“Well done!”
「よくできたね!」

“Good boy/girl.”
「いい子ね」

などの語りかけの定番フレーズ。


その次の段階は、シンプルな構造のセンテンス(文章)ですね。

“You are so cute!”
「かわいい~ね~!」

“Let’s take a bath.”
「お風呂に入ろう!」

などなど。

中学1年生レベルの英文法と簡単な英単語で構成できる文章のものだけで語りかけしてみましょう。


そして、すぐにパッと英語にできない言葉は、書き留めておいて時間のあるときに自力で英作文してみる。

すると、自分の言いたいことを自分で考えるトレーニングでスピーキングやライティングの勉強になるし、自分の表現としてのストックが増えてくるので一石二鳥です。


間違った英語でも大丈夫!なぜなら・・・


「子どもが間違った英語を覚えたら困る・・・」

とおっしゃいますが、

そうやって悩むぐらいなら、英語育児やらなくていいんじゃない??

と、突き放したりはしないのでご安心を!

(・・・と言いつつ、内心思っている私もいます。^^)


大丈夫、子どもはそう簡単に言語を覚えたりしませんから・・・

間違えながら、お母さんもトライ&エラーで、間違いを訂正していけばいいじゃないですか??

仮に間違ったまま何度も使って、万一お子さんが間違ったまま覚えたとしても、いつかお子さんが小学校や中学校で英語を学ぶうちに、間違いに気づいて自分で訂正していきます。

それでよくないですか?

そして、その間違いって、大概、大したことない・・・場合が多いです。


子どもが日本語を覚えていく過程でも、たくさん間違えながら日本語を覚えていきます。


そもそも、私たち日本人も、親から子へ完璧で正しい日本語を伝えているわけではありません。

「ら」抜き言葉とか、「おざなり」と「なおざり」を混同して使ってたり・・・とか。

日本語の、子どもたちも何らかのきっかけで間違いに気づくこともあるし、気づかなったとしても日本語の習得という点からは、あまり困らないのではないでしょうか?


あなたはお子さんに、

「間違いを恐れずにどんどん英語を話す子になってほしいですか?」

それとも、

「ぜったい間違えないように慎重であるあまりに、あまり英語を話そうとしない子になってほしいですか?」


・・・と考えると、答えはおのずと決まってくるのではないでしょうか?

まぁ、悩むぐらいだったら、英語育児を思い切ってしない!という選択肢もあるし、それでもやりたいなら、正しいスピーキングのトレーニングと学習をすればいいのです!


語りかけの英語は正しい英語じゃないとダメ?まとめ


いかがでしたか?

英語育児は正しい正しい英語でないと・・・
そのために、もっともっと英語を勉強しなければ・・・

という心意気は素晴らしいです。

でも、それと同じように大切なのが、メンタル面。

「英語育児を成功させて絶対バイリンガルにする~!」とあまり自分にプレッシャーをかけないでほしいです。

個人的には、結果にあまりこだわらずに「英語を楽しむ」っていうことを主眼において取り組むのが、ベストなあり方なのではないかな~と思うのです。




 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です