fewとlittleの違いと使い方

 
英語塾,那覇,中学生,高校受験

この記事を書いている人 - WRITER -


英語コーチ/英語トレーナー。オンライン(スカイプ・電話)と那覇教室にて英語学習のコーチングおよび、英会話を教えています。くわしいプロフィールはコチラ

MAKI

fewlittle「少しの~」または「ほとんど~ない」と表現するときに使う修飾語です。

しかし、この”few”と”little”、「どちらをどう使っていいかわからない…」という方も少なくないようです。

また、高校・大学受験やTOEICにおいても、このfewとlittleの違いや意味、使い方を正しく理解しているかどうかを問う問題を見かけます。

今回は、”few”と”little”の違いや意味、使い方について整理しておきましょう。

few⇒可算名詞、little⇒不可算名詞 とともに使う

fewもlittleも基本的に名詞を修飾することが多く、いずれも

無冠詞で使うと「ほとんど~ない」 、冠詞”a”をつけて「少しの~」という意味ですが、

fewは、数えられる名詞(可算名詞)
littleは、数えられない名詞(不可算名詞)

に対してそれぞれ使うという違いがあります。

fewとlittleの使い方と意味

上記で述べたように、

無冠詞のfewとlittleは、いずれも「ほとんど~ない」という意味になります。

There are few apples in the fridge.
「冷蔵庫にはりんごがほとんどない

I have little money.
「私はお金をほとんどもっていない

※moneyは、数えられない名詞(不可算名詞)ですよね。とくに抽象名詞に分類されます。

一方、fewもlittleも冠詞 a を伴うと、いずれも「少しの~」という意味になります。

I have a few apples.
「私はりんごを少し持っています。」
I have a little money.
「私はお金を少しもっています。」

ここで注意したいことですが、few+可算名詞、a few+可算名詞には、
いずれも複数形の”s”を名詞の末尾につけるのを忘れないようにしてくださいね!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Lifework School of English , 2016 All Rights Reserved.