How many と How much の違い

 
英語塾,那覇,中学生,高校受験

この記事を書いている人 - WRITER -


英語コーチ/英語トレーナー。オンライン(スカイプ・電話)と那覇教室にて英語学習のコーチングおよび、英会話を教えています。くわしいプロフィールはコチラ

MAKI

前記事で、manyとmuchの違いをご説明しました。
(参考:many, much, a lot of の違いと使い分け

manyは可算名詞とともに使う
muchは不可算名詞とともに使う

のでしたね。

さて、今日はmanyやmuchを使った疑問文、

“How many~?”と”How much~?”についてです。

“How many”は数、”How much”は量 を問う

“How many~?”と”How much~?”、いずれも直訳すると「どれぐらいたくさんの~?」となりますが、
以下の違いがあります。

“How many+可算名詞(複数形)~?” ⇒ をたずねる「いくつ?」

“How much+不可算名詞~?” ⇒ をたずねる「どれぐらい?」

“How many~?”は可算名詞をともなって、「いくつの~?」と数をたずねるのに対し、

“How much~?”は不可算名詞をともなって、「どれぐらい~?」と量をたずねたり、「いくら?」と金額をたずねます。

例文を挙げると、

How many apples did you eat?  (applesは可算名詞)
「あなたはりんごを何個食べたの?」

How much water do you need?  (waterは不可算名詞)
「水をどれぐらい必要なの?」

“How many””How much”の疑問文では語順(名詞の位置)に注意!

“How many~?”と”How much~?”の違いについてはご理解いただけたかと思いますが、

「いくつの~?」「どれぐらい~?」の疑問文を作文する際に間違えやすいのが語順、とりわけ名詞の位置です。

例えば、「あなたはりんごを何個食べたの?」とか「どれぐらいあなたは水が必要ですか?」などをを英語にする場合によくある間違いが、

× How many did you eat apples?

× How much do you need water?

などというものです。

manyもmuchも「たくさんの~」という形容詞として使われていますから、manyとmuchの直後に名詞を置かなければなりません。

正しくは、

How many apples did you eat? 

How much water do you need? 

なお、名詞を伴わずに”How much (is it)?”で、一般的には「いくら?」と金額をたずねる表現になります。

また、”How much~?”は、名詞をともなわず、動詞を修飾して(すなわち、副詞として使って)「どれぐらい?」と程度を問う表現にもなりえます。

 

いかがでしたか?

“How many”と”How much”の使い分け、語順に注意して、ぜひ英会話でこれらの表現を積極的に使ってみてくださいね。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Lifework School of English , 2016 All Rights Reserved.