• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
アナと雪の女王,英語,歌

映画『Frozen -アナと雪の女王-』の挿入歌、In Summer -あこがれの夏-の歌詞を、原文になるべく忠実に日本語訳してみました。

劇中、オラフが歌っているユニークな歌ですね。

まず、歌詞の意味を理解し、それから歌詞を見ながら歌ってみてくださいね。ドリンク片手に♪(笑)

比較的ゆったりとしたトーンなので、歌いやすいと思います。

日本語吹き替え版は、意味がだいぶ簡略化されていますね。

In Summer -あこがれの夏-の歌詞と意味(和訳)


Bees’ll buzz, kids’ll blow dandelion fuzz
And I’ll be doing whatever snow does in summer

ミツバチはブンブン飛び
子どもたちはタンポポの綿毛を吹く
そして、ボクは夏ならではのこと何でもするんだ

A drink in my hand, I snow up against the burning sand
Prob’ly getting gorgeously tanned in summer

ドリンク片手に灼熱の砂漠に飛び込んでいくんだ
きっと素晴らしく日焼けするんだ

I’ll finally see a summer breeze, blow away a winter storm
And find out what happens to solid water when it gets warm

夏のそよ風は冬の嵐もけちらしちゃうんだ
暖かくなったら氷の塊はどうなっちゃうのかな

And I can’t wait to see what my buddies all think of me
Just imagine how much cooler I’ll be in summer

ボクの仲間たちがボクを見てどう思うだろう 待ちきれないな
ちょっと想像してみてよ
夏のボクがどんなにカッコいいか

Dah dah, da doo, uh bah bah bah bah bah boo

The hot and the cold are both so intense
Put ‘em together, it just makes sense

暑いのも寒いのも強烈だけど
一緒にしちゃったら ちょうどいい

Rrr raht da daht dah dah dah dah dah dah dah dah doo

Winter’s a good time to stay in and cuddle
But put me in summer and I’ll be a – happy snowman!
冬は快適で抱きしめたいくらい素敵な季節なんだけど
夏がやって来たら、ボクは幸せな雪だるまだよ

When life gets rough, I like to hold on to my dream
Of relaxing in the summer sun, just lettin’ off steam

人生厳しいときも ボクは夢をもちつづけたいんだ
真夏の太陽の下、湯気を出しながら、リラックスする、そんな夢をね

Oh, the sky would be blue, and you guys will be there too
When I finally do what frozen things do in summer

ああ!空は青くて、君たちも一緒にいて
そのとき、ついにボクが夏にしかできないことをするんだ


『In Summer -あこがれの夏-』単語・イディオムの意味


buzz「ブンブンと音を立てる」
dandelion「タンポポ」
fuzz「綿毛」
buddy「仲間、相棒」
up against「直面して、ぶつかって」
hold on to「しがみつく」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MAKI英語コーチ/英会話講師

投稿者プロフィール

東京大学卒
英国ケンブリッジ大認定英語教師(CELTA取得)
学習塾や英会話スクール、大学受験予備校などでの指導をへて、
現在、英会話スクール Lifework(ライフワーク)代表・講師

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

よろしければ応援クリックお願いします。 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

ブログランキング
ページ上部へ戻る