2016/09/02

「久しぶり」は英語で何という?

 
おかえり,ただいま,英語

この記事を書いている人 - WRITER -


英語コーチ/英語トレーナー。オンライン(スカイプ・電話)と那覇教室にて英語学習のコーチングおよび、英会話を教えています。くわしいプロフィールはコチラ

MAKI

「久しぶり!」
「ごぶさたしてます!」

これを英語で表現すると、

Long time, no see.

と言うのが一般的です。

「久しぶり」というのは、「長い間、お会いしていないですよね。」というニュアンスが込められているので、

Long time(=長い間), no see(=会ってない).

というわけです。

また、他にも、

It has been a long time.

It has been a while.

It has been ages.

などと表現をすることもできます。

Long time, no see.も含め、こられの文章には、文末に、”since we met last time”が省略されていると考えるとよりかりやすいのではないでしょうか?

It’s been such a lon time (since we met last time)!
(すごく久しぶりだね~!)

ちょっと丁寧な表現にするならば、

It’s a pleasure to see you after such a long time.
(久しぶりにお会いできてうれしいです。)

これなら、ビジネス現場や目上の方など、フォーマルな間柄でも使えます。

なお、「久しぶり」は、上の表現を応用すると、「~するのは久しぶりだ」などと久しぶりに行う行為を表現する のにも使えます。

It’s been a while(long time) since I (last) played golf.
(ゴルフをするのは久しぶりだなぁ。)

といった具合に。

日本人はネイティブに比べると、なにかと「久しぶり」のフレーズを使いたい傾向があるようですが…。

覚えておくとなかなか便利ですよ♪

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Lifework School of English , 2015 All Rights Reserved.