間違えやすい!”look forward to”の使い方

 
look forward to

この記事を書いている人 - WRITER -


英語コーチ/英語トレーナー。オンライン(スカイプ・電話)と那覇教室にて英語学習のコーチングおよび、英会話を教えています。くわしいプロフィールはコチラ

MAKI

「~を楽しみにする」を意味するイディオム、”look forward to ~“ですが、
使い方を間違えている人が少なくないので、ちょっとおさらいをしておきましょう。

例えば、
「夏休みが楽しみだなぁ~」(= 私は夏休みを楽しみにしています。)

というのを英語にすると、

I”m looking forward to the summer vacation.

では、「この夏、旅行に行くのが楽しみだなぁ~。」ならどうでしょうか?

I’m looking forward to go on a trip.

…としてしまったら、アウト!不正解です。

正解は、

I’m looking forward to going on a trip.

です。

“to”の後は動詞の原型がくると思われがちなのですが、この“look forward to”の”to”は不定詞の”to”ではありません

“to”は、「~(すること)を楽しみにする」の「を」に当たる前置詞なのです。

前置詞の後は名詞(または動名詞が来ます。

だから、”look forward to”を使う場合は、

・look forward to (代)名詞
・look forward to 動名詞(動詞+ing)

のいずれかの形で使います。

“look forward to”と”be looking forward to” のどちらが正しい?

“look forward to”の使い方でよく質問されるのが、

“look”を現在形と現在進行形のどちらにすべきか?

つまり、

“look forward to”と”be looking forward to”のどちらが正しいのか?

というものです。

例えば、

・I look forward to seeing you soon.
・I’m looking forward to seeing you soon.

のどちらが正しいのでしょうか?

ちょっと考えてみてください?

・・・いかがでしょうか?

結論からいうと、

どちらも正しいのです。

ただ、違いをあげるとすれば、ネイティブの会話では

現在形 ”look forward to” ⇒ フォーマル
現在進行形 ”be looking forward to” ⇒ カジュアル

といった感じで一般的に使い分けれられています。

ですので、用法としてはどちらを使っても間違いではないですが、

ビジネス会話やメールでは”I look forward to ~”、
友人との会話などでは”I’m looking forward to ~”

なとというように場や関係性に応じて使い分けができればベストです!

“look forward to”を使ったよくある表現

“look forward to”を使ったよくある日常会話表現としては、以下のようなものがあります。

手紙やビジネスメールなどでよく使われる表現なので、覚えておくと便利です。

I look forward to seeing you.
「お会いするのを楽しみにしています。」

I look forward to your reply.
「お返事をお待ち(楽しみに)しております。」

I look forwad to hearing from you.
「ご連絡をお待ち(楽しみに)しております。」

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Lifework School of English , 2016 All Rights Reserved.