2018/06/16

におい(匂い/臭い/香り)に関する英語表現

 
おかえり,ただいま,英語

この記事を書いている人 - WRITER -


英語コーチ/英語トレーナー。オンライン(スカイプ・電話)と那覇教室にて英語学習のコーチングおよび、英会話を教えています。くわしいプロフィールはコチラ

MAKI

匂い(におい)には、良い匂いもあれば、嫌な臭いもありますよね。

匂いの種類によって、英語での表現方法もたくさんあります。

今日は、においや香りにまつわる様々な英語表現を意味や使い方とともにご紹介します。


もっとも一般的な表現 “smell”


smell は日本語の「におい」や「香り」といった嗅覚に関する表現として、最も一般的な表現です。

良い匂いから不快な臭いまで広く表すことができる、ニュートラルな表現といえます。

smell に形容詞を添えて、においの程度や具体的な匂いや香りの様子を表現できます。

sweet smell (甘い香り)
unpleasant smell (不快な臭い)

That smells good.
「いい香りね」

ただし、形容詞を伴わずに、単体で用いられる場合はあまり好ましくない匂いを表す傾向があります。

That smells.「臭いね。」


“odor”は不快な臭い


odor は臭気・悪臭・いやな臭いといった、好ましくない(不快な)臭いを指す傾向があります。

匂いの種類は特に限定されずに幅広く使われますが、体臭や化学物質や薬品などの臭いとともに用いられる場合が多いようです。

ちなみに、“body odor”で、体臭や加齢臭を意味します。


scent は好ましい匂い・香り


scent は、どちらかというと好ましい匂いや心地よいにおい(香り)を表現するときに使われる傾向があります。

特に、イギリス英語で「香水」(=perfume)を指す語としても用いられます。

What kind of scent are you putting on ?
「どんな香水をつけているの?」


悪臭を表現するstink


stinkは、好ましくない、悪臭を表現します。

「悪臭」の意味が転じて、「我慢できないくらいひどい」とか「うさんくさい」という、匂い以外についてマイナス感情も意味することがある表現です。


その他、良い匂い・香りを表す英単語


fragrance は、「甘く新鮮な草花の香り」を指します。

perfumeは、「香水」や「花などの香り」の意味です。

aromaは、飲み物や食べ物といった「舌で感じる香り」や特徴的な香りを指します。

I love the aroma of wine.
「ワインの香りが大好きなのよ。」

におい(匂い/臭い/香り)に関する英語表現


いかがでしたか?

日本語でも、「香り」「匂い」「臭い」という風に、嗅覚に関して異なった表現を使うように、英語も、いい香りなのか、不快な臭いかによって、用いる単語も変わってきますね。

さらに、良い香り、良くない臭いでも、匂いの元により主に使われる表現は実に様々・・・とても興味深いですよね^^

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です