自分の語彙レベルがわかる!語彙力チェック(診断)サイトおすすめ5選

 
英語コーチ,初心者,英語勉強法

この記事を書いている人 - WRITER -


英語コーチ/英語トレーナー。オンライン(スカイプ・電話)と那覇教室にて英語学習のコーチングおよび、英会話を教えています。くわしいプロフィールはコチラ

MAKI

英語力を伸ばそうと思ったとき、語彙力は強化しておきたい基本分野の一つです。

語彙力はあくまで英語力のうちの一つのスキルでしかありませんが、とはいえ、英語の語彙力は英語力におおよそ比例するとも言われます。

例えば、実用英語検定(英検)も級が上がるにつれて合格に必要とされる語彙数も大幅に増加します。
(例えば、英検2級は4000語程度、英検1級は12000語程度)

今の自分の語彙力をある程度把握しておくことは、今後の学習戦略を決めたり、語彙(単語・イディオム)の教材を選ぶ際にも大いに参考になります。

ネット上には、気軽に語彙力をチェックできる語彙診断ツールや単語テストがあり、その精度もかなり高いものになっています。

今日は、自分の語彙レベルが簡単にチェックできて信頼度も高い、WEB上の語彙診断(チェック)ツールをご紹介します。

語彙力が診断(チェック)できるツール/単語テストサイト


一口に、語彙力診断サイトといっても、各サイトそれぞれ特徴があるので取り組みやすいものをやってみるといいと思います。

どのサイトも大体5分ぐらいでで完了します。

もし時間的な余裕があれば、一つのサイトだけでなく、複数のサイトでやってみるのもおすすめです。

成績がつくわけでもないので、気軽に、力試しのつもりで取り組んでみましょう。

以下にご紹介するものは無料での診断が可能ですよ。
(無料会員登録&ログインが必要なものもあります。)

アルク 英単語力診断テスト


英語教材でおなじみアルクが提供する単語テスト。

約3分で完了します。

問題数は全20問で、英単語を見て4つ選択肢の中から正しい日本語の意味を選択します。

テスト結果は100点満点で表示され、後で正答を確認しながらの復習も可能です。

スコアに応じたアルク社のおすすめ英語教材の紹介や学習アドバイスもあります。

また、同サイトには単語テスト以外にも「リスニング力診断テスト」や「TOEICミニ模試」もあり、こちらも、それぞれの実力チェックにおすすめです。

アルク 英単語力診断テスト
https://www.alc.co.jp/tg/vocab/

Weblio語彙力診断テスト


英和・和英辞典を提供する辞書サイトWeblioが提供する語彙チェックツールです。

このサイトの特長としては、一口に語彙力テストといっても、

・総合診断
・TOEIC L&Rテスト
・英検
・大学入試
・TOEFL®テスト

と目的に応じて選べるところです。

全部で25問の5択問題、所要時間は3分程度。

英単語を日本語、または英語での意味を選ぶ形式です。

回答内容により出題内容が変化していくので、順調にいけば、難易度の高い英単語が出てきます。

時間制限があるので、瞬発力も求められます。

回答終了後には、正答も確認できるので勉強にもなります。

評価基準は、「正解した問題数」と「回答に要した時間」の2点。

診断結果は、初級者から上級者まで、さらに努力家、優等生、特待生など、16レベルのユニークな評価が得られます。

Weblio 語彙力診断テスト
https://uwl.weblio.jp/vocab-index


Word Engine「V-check」


V-Checkは最新のリサーチを駆使した科学的なテストで、全ての英単語の99%をカバーした13,384語の中から出題されます。

診断には会員登録(無料)する必要がありますが、詳細な診断データとレポートが得られると評価が高いサイトです。

全体の単語力だけでなく各試験向けの単語力の分析やユーザー平均値との差も確認できます。

所要時間は5分程度です。

問題形式は独特で、提示される英単語を知っているかどうかを2種類の問題パターンで診断します。

一つは、Yes/No で答える問題、もう一つは、英単語の意味としてふさわしいもの(英英解説)を選ぶ問題です。

Word Engine「V-check」
http://www.wordengine.jp/go/

プロリンガ 語彙力自己評価ページ


企業英語研修のプロリンガ(Prolingua Executive Language Sirvice)が提供する語彙診断ツールです。

単語診断は、「1語から1500語レベルの語彙」「1500語~」「3000語~」・・・とレベル別の単語がリストアップされており、全部で70個の単語について know/don’t konw(知っているか知らないか) をクリックしていきます。

“Prolingua Vocabulary Estimator”というシステムで、自分の現在の英語の語彙力が何語くらいあり、それがネイティブスピーカーでいうと、どのくらいのレベルなのか(子ども、学生、大人、専門家・・・など)を大まかに知ることができます。

know/don’t konw のチェックをしながら、ドロップダウン形式で正しい意味を確認できるので、知っているか知らないかの正しい判断もできますし、診断しながら語彙学習にもなります。

プロリンガ 語彙力自己評価ページ
http://www.prolingua.co.jp/vocab_est_j.html

Test Your Vocab


知っている単語にチェックを入れて行くだけのお手軽さ!

サイトの提供元は、年齢・教育・ネイティブ/ノンネイティブなどの条件と語彙数の関係を研究しており、100語以下から4万語までカバーしているため、ノンネイティブの子どもからチャレンジ可能です。

語彙診断は、3つのパートに分かれています。

ステップ1では、一般的な英単語の理解度をチェック、
ステップ2では、より難易度の高い単語の理解度をチェック。
ステップ3では、性別・年齢・学習歴(TOEFL、IELTSなど)の質問に答えます。

テストではなく自己診断形式にはなるものの、20万人が利用したデータの分析をもとに自分の語彙レベル(語彙数)について、かなり精度の高い結果が得られます。

Test Your Vocab
http://testyourvocab.com/

語彙力チェック(診断)サイトおすすめ5選【まとめ】


いかがでしたか?

語彙力を伸ばすことは、英語力を上げることにもつながります。

まずは、上にご紹介した語彙力診断ツールで自分の語彙力を客観的に評価してみてください。

また、語彙の学習がある程度進んだら、定期的に診断テストを受けて、自分の成長を確かめてみるのもおすすめです。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です