fbpx

英語コーチMAKI(オンライン講座)

3ヶ月でほしい英語力を手に入れる独学英語勉強法 - 英語コーチング –

Frozen2主題歌”Into the Unknown”の英語歌レッスン〜歌い方(発音)のポイント解説付

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

今日は、Frozen2の主題歌、『Into the Unknown』(英語版)が歌えるようになりたい、という方のための主に発音のポイントをご説明した記事です。

なお、別記事で、歌詞の和訳解説(直訳)した記事がありますので、歌詞の意味を確認・理解したい方は以下の記事をご参照ください。

Into the Unknown(「イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに」)英語歌詞&和訳(日本語吹替歌詞付き)

『Into the Unknown』の難しさは、メロディにのる情報の多さ(単語の多さ)と、歌の強弱、イントネーションにあります。

ですが、英語の発音や強弱、スピードなど気を付けるべきポイントを理解して、そのポイントに気をつけて歌えば、割とカンタンに歌えるようになるんです。

そのポイントとは、

・強く歌うところ(アクセント)

・英語の音が繋がるところ(リンキング)

です。

以下の、色付けしている部分に注意しながら歌ってみてくださいね。

Into the Unknownの歌詞(発音ポイント付き)

赤色→強く歌うところ
黄色→音がつながるところ

上記2点に留意しながら、ゆっくり歌ってみましょう。

赤色の部分は、強く声に力を込めて歌うと、ネイティブの英語らしく上手に聞こえます。

黄色の部分は、つなげて読むと歌のスピードについていきながら英語をメロディに上手くのせて歌うことができます。

さぁ!歌ってみましょう!

途中の解説も参考にしてくださいね。

 

Ah, ah, ah, ah
Ah, ah, ah, ah, ah
Ah, ah, ah, ah, ah, ah, ah

 

1番

I can hear you,
but I won’t

Some look for trouble,
while others don’t

<単語と単語の音の繋がり(リンキング)のポイント>

but I は、バライ
while others は、ワイラザーズ

とつながります。

but I がバライと「」になっているのは、tは母音と母音の間にはさまれると、「ラ」行に聞こえてしまうからです。

There’s a thousand
reasons I should
go about my day


And ignore your whispers,
which I wish would go away,
oh, oh, oh

<単語と単語の繋がり(リンキングのポイント)>

There’s a は、ゼアザ
And ignoreは、アンディグノァ
which I は、ウィチャイ

とつながります。

Ah, ah, ah, ah
Ah, ah, ah, ah, ah, ah

You’re not a voice
you’re just a
ringing in my ear


And if I heard you
(which I don’t)
I’m spoken for, I fear

<単語と単語の音の繋がり(リンキング)のポイント>

not a は、ノタ(ノラ)
just a は、ジャスタ
ringing in my は、リンギンギマイ
and if は、アンディフ
heard you は、ハーヂュ
which I は、ウィチャイ

と、つながります。

Everyone I’ve ever
loved is here
within these walls


I’m sorry,
secret siren,
but I‘m
blocking out your calls

<単語と単語の音の繋がり(リンキング)のポイント>

loved is は、ラブディーズ
but I は、バライ
blocking out your は、ブロッキンギャウチュア

とつながります。

but Iがバライと「ラ」になっているのは、tは母音と母音の間にはさまれると、「ラ」行に聞こえてしまうからです。


I’ve had my adventure;
I don’t need
something new


I’m afraid of
what I‘m risking if
I follow you

さて、後半の部分は、ちょっと難しめです。

リズムに上手くのりながら、リンキング部分は上手くつなげつつ、抑揚(強弱)をしっかりつけてサビにつなげて行きたいところです^^

<単語と単語の音の繋がり(リンキング)のポイント>

I’m afraid of は、アイマフレイ
what I は、ライ
risking if は、リスキン

とつながります。

※ what Iがワライと「ラ」になっているのは、tは母音と母音の間にはさまれると、「ラ」行に聞こえてしまうからです。

Into the unknown
Into the unknown
Into the unknown

Ah, ah, ah, ah
Ah, ah, ah, ah, ah, ah

 

2番

What do you want
‘cause you’ve been
keeping me awake


Are you here
to distract me so I
make a big mistake

 

<単語と単語の音の繋がり(リンキング)のポイント>

make a は、メイカ

とつながります。

また、‘cause you’ve beenが、唇あたりが忙しい感じですが、「コズユブビン」と、何度も口に出してぶつぶつ練習すると発音しやすくなりますよ!^^

Or are you someone
out there who’s a little
bit like me


Who knows deep down
I’m not where I‘m
meant to be

<単語と単語の音の繋がり(リンキング)のポイント>

Or are は、オラァ
where I’mは、ウェアム

とつながります。


Every days a little
harder, as I feel
my power grow


Dont you know
there’s part of me
that longs to go

<単語と単語の音の繋がり(リンキング)のポイント>

day’s a は、デイザ
as Iは、 アザイ
Don’t youは、 ドンチュゥ
part ofは、 パーロヴ

とつながります。


Into the unknown
Into the unknown
Into the unknown

Ah, ah, ah, ah
Ah, ah, ah, ah

Oh, oh, oh

Are you out there?
Do you know me?
Can you feel me?
Can you show me?

↑この赤字部分は拳(こぶし?)を利かせるように、力強く歌います!


Ah, ah, ah, ah
Ah, ah, ah, ah
Ah, ah, ah, ah
Ah, ah, ah, ah
Ah, ah, ah, ah
Ah, ah, ah, ah
Ah, ah, ah, ah, ah

ここの部分は、口を大きく縦に開けて、お腹の中からしっかり「ア〜」を響かせましょう!

Where are you going?
Don’t leave me alone
How do I follow you

Into the unknown

(高音キツ〜〜〜い 笑)

いかがでしたか?

大声で堂々と歌えると気持ちよくないですか?
何度も練習すると、音と音の繋がりが自然にできるようになりどんどん上手に歌えるようになりますよ^^

この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です