憲法記念日を英語で説明しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Print

5月3日は憲法記念日ですね。

憲法記念日を英語で表記すると、”Constitution Day“あるいは”Constitution Memorial Day“です。

もし、憲法記念日を英語で説明するとすれば、こんな感じになります。

On May 3rd, 1947, the current Constitution of Japan came into effect.
「1947年の5月3日に、現行の日本国憲法が施行されました。

come into effect“は「効力を生じる」「成立する」といった重要イディオムですので覚えておくとよいです。
become effective“ということもできます。

To commemorate it, May 3rd was designated a national holiday.
「これを記念して、5月3日は国民の祝日に定められました。」

This is the day when we should reflect on the principles of the Constitution and the meaning of democracy.
「この日は、憲法の原則と民主主義の意味についてじっくり考えるべき日でもあるのです。」

“constitution”は、「憲法」「規約」などの意味であり、”Constitution Day”は日本以外の多くの国に存在します。

ですから、”Constitution Day”あるいは”Constitution Memorial Day”といえば、外国人は「憲法が制定(あるいは施行)された日なんだな、と大体わかりますけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MAKI英語コーチ/英会話講師

投稿者プロフィール

東京大学卒
英国ケンブリッジ大認定英語教師(CELTA取得)
学習塾や英会話スクール、大学受験予備校などでの指導をへて、
現在、英会話スクール Lifework(ライフワーク)代表・講師

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

よろしければ応援クリックお願いします。 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

ブログランキング
ページ上部へ戻る