英語は何歳から?~英語を学び始める年齢について考える~

英語,臨界期,何歳から

「英語は何歳から始めるべきでしょうか?」という質問を少なからず受けます。

これに対しては、一概には言えないのですが・・・

「本人がやりたい!と自分から言い出したときがベスト!
でも言語というものの性質上、音の習得や発音の習得は早く始めるほうが有利です。」

と答えるようにしています。

他言語習得、すなわち英語習得には「臨界期」というものがあり、それより前の年齢であれば言語の発音を正確かつ早く定着させることが可能です。しかし、それ以降になると言語の習得にやや時間がかかる、正しい発音をインプットすることができないと言われています。

では、この臨界期は何歳なのでしょうか?

諸説ありますが、現時点では、9~10歳ぐらいが有力な説のようです。
俗に「9歳の壁」といわれています。

この数字は大脳生理学的な観点から導き出されており、生まれてから8~9歳ぐらいまでは、映像・音声的イメージや芸術的創造性を担う右脳が発達し、それ以降は、言語・論理的思考の中枢である左脳が発達してくるのです。

言語の習得という点で考えると、8~9歳以前はイメージをつかさどる右脳を使って習得しようとし、それ以降は論理性をつかさどる左脳で習得しようとします。

そのため、8~9歳以前は英語を音やイメージでどんどん吸収できるのです。

一方、それ以降の年齢になると右脳を使って英語をそのまま吸収していくのではなく、

「この文はなぜこんな順番になるの?」
「なぜこの単語を使うの?」

などと左脳で論理的に処理をしようとします。

そういう意味では、10歳以降は英文法を習得するに適していると言われています。

したがって、英語を音やイメージでどんどん吸収できる幼児期には、聞く、話す、読む、書くの4技能の中でも聞く&話す能力を育てるのがよいといえます。

ただし、本人のやる気がないのに幼い頃から英語漬けにするのは感心しません。

「何のために英語を学ぶ(ばせる)のか?にもよりますが、とくに幼いお子さんには、まずは「英語の楽しさ」から教えてあげるのがよいのではないでしょうか?

関連記事

  1. 2020年の英語教育改革でここが変わる!知っておくべき3つの…

  2. 豆腐の盛田屋 豆乳せっけん

    豆腐の盛田屋 豆乳せっけん

  3. 英語の発音,フォニックス

    フォニックスのおすすめ教材【本&DVD】

  4. NHK,テレビ,英語

    英語が楽しく上達!NHKテレビ英語講座まとめ(2016年度)…

  5. 「英語子育て」とは

  6. 那覇,英語講師,採用,求人

    採用情報~期間限定でお手伝いいただける方を募集します~

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お問い合わせ

英会話レッスンのお問い合わせ