fbpx

英語コーチMAKI(オンライン講座)

3ヶ月でほしい英語力を手に入れる独学英語勉強法 - 英語コーチング –

小学校教育への英語導入

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

小学校教育に、
ついに英語が導入されることになりました。
まずは、
小学校5・6年で
「英語活動」という形で
取り入れられることになっています。
「英語学習」ではなく「英語活動」なので、
テストがあって成績化される、
というわけではありません。
しかしながら、
児童期における英語教育の必要性が認識されつつある中で、
将来的に小学校教科の1科目として義務化される可能性は
少なくありません。
そうなると、
子どもたちの中には
「勉強する科目が増えて嫌だな~」
と思う子も少なからず出てくるでしょう。
私は、英語に対して、
子どもたちにはそんな思いを
もってほしくありません。
英語は、世界中でコミュニケーションができる
最高のツールであり、
世界中に友だちができる無限の可能性を秘めた
ワクワクするものなのです。
そんな感覚をもって、ワクワクしながら
英語を学んでほしいと思います。
英語を「しなければならない勉強」ではなく、
「楽しいもの」と思えたら、
英語を学ぶのが楽しくなり、習得も早いはず!
早いうちから、楽しい英語にふれておくことで、
英語に対する抵抗感をなくすことができればいいですね。
そのためにも、
親子で「楽しい!」と思える英語子育てスタイルが
大切なのです。

この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です