2018/11/02

英検対策の戦略は最終的にどこを目指すかで微妙に変わる!

 

この記事を書いている人 - WRITER -


英語コーチ/英語トレーナー。オンライン(スカイプ・電話)と那覇教室にて英語学習のコーチングおよび、英会話を教えています。くわしいプロフィールはコチラ

MAKI

今、英語コーチングを受けてくださっているクライアントさんのうち、3名が英検を受験されていたんですが、、、

3人とも一次試験に通ってました。

パチパチパチパチ!

 

英検2級の一次試験に合格されたKさん、少し前の記事でもご紹介させていただいたのですが、

【クライアントさんの成果】英検2級〔一次試験・筆記〕の正答率がオドロキ・・・

「自己採点が間違っていて、1点上がってました〜!」

って見せてくれた結果がコレ・・・

リーディング:36問/38問(2失点)正答率 95%

リスニング:29問/30問(1失点)正答率 97

ライティング:13点/16点(-3点)  正答率 81%

 

う〜〜ん。正答率がすごいです・・・

 

3ヶ月前は、

リスニング、英語が聞き取れない・・・

長文の読み方がわからない・・・

 

英作文、単語も出てこないし、つづりが書けない・・・

 

ってうるうる涙目にになっていたのに・・・^^

 

今回の受験結果の成績は、

 

G2+11

 

「+11」って初めて見た・・・

合格ラインをはるかに上回っているということです。

 

スコアは、1793/1950

合格基準の1520より「230点」上回る余裕の合格でした・・・

 

ごめん、Kさん。

 

今だから言う・・・

 

コーチングを始めるとき、

「頑張れば、なんとかギリギリ・・・合格できるだろうか・・・」

と、私もちょっぴり不安なスタートでした。

なぜなら、高校英文法がゼロスタートだったし・・・

 

もちろん、Kさんのポテンシャルややる気の度合いを見て

 

「Kさんならいける!」と判断してコーチングを開始したわけですが、

 

まさか、ここまでの成績を叩き出すなんて・・・

 

とはいえ、私なりにもKさん戦略がありました。

Kさんは、将来的には準1級まで取りたい方。

 

だから、2級にチャレンジするときも

 

準1級の準備と言う位置付けでの戦略とボリューム

でコーチングしていたのです。

 

私は英検受験の場合、

最終的に、どこまで取りたいのか?

 

を確認しています。

 

2級まででいいのか?

そして2級を取った後、どう英語を使っていきたいのか?

 

それとも準1級まで行くのか?

はたまた1級まで考えるのか?

 

先によって、とるべき戦略や学習内容が変わってきます。

 

 

今回のコーチング期間でのKさんの目標は

 

「英検2級合格」

ですが、

英検準1級へも大きく弾みが付いていると思います。

 

私のコーチングが終わっても、

Kさんはご自分で準1級に向けて学習できる土台、

そして、

自分で戦略を作って実行できる力も備わっているはずです。

 

あ、私、気が早いですね(汗)

 

まだ来月にまだ英検2級の二次試験が控えているのに・・・

「英文が浮かばないです。全然答えられません。」

と泣メールを送ってこられている、相変わらず弱気なKさん。

そんな弱音、もう信用しないから(笑)。

あなたなら、必ずやり遂げて飛躍することを私は知っている!

 

来月までKさんをしっかりサポートして、Kさんの笑顔とさらなる自身にで会えるその日が楽しみです。