うらやましい(羨ましい)の英語表現バリエーション

 
おかえり,ただいま,英語

この記事を書いている人 - WRITER -


英語コーチ/英語トレーナー。オンライン(スカイプ・電話)と那覇教室にて英語学習のコーチングおよび、英会話を教えています。くわしいプロフィールはコチラ

MAKI

相手に「羨ましい!」「いいなぁ~」という気持ちを伝える表現、英語にはいくつか種類があります。

“I envy you.”「羨ましい」

「羨ましい」を英語で表現しようとするとき、真っ先に頭に浮かぶのが、「羨む(うらやむ)」という動詞の”envy”や形容詞”envious”ではないでしょうか?

羨む(うらやむ)という意味のenvyを使って

I envy you.「君が羨ましいよ」

I’m envious of you.「君が羨ましいよ」

また、”I envy you.”の後に、for ~をつけて、羨ましい内容を追記することもできます。

・I envy you for your success.「君の成功が羨ましいよ」

ただし、”I envy you.”は、「相手が持っているものを欲しがる」とか「妬ましい」という、若干ネガティブな含みがあります。

実は、ネイティブはあまり”I envy you.”と言いません。

ネイティブの会話で、相手に「羨ましいなぁ!」と伝える表現で最もよく使われるのが、次の言い回しです。

“You’re lucky.”「いいな~」

「幸運だね」「よかったね」といったニュアンスで、「羨ましい」という気持ちを伝えるのが

“You’re lucky.”

同じような表現で、

“Lucky you!”

というとカジュアルな印象!

「羨ましい」という気持ちを表しつつも、Good for you !「よかったね」に近いニュアンスですね!

ただし、相手の能力や努力によって得られた成果に対して、”You’re lucky.”「君は幸運だ!」というのは少々失礼です。

例えば、試験に合格したとか、昇進した、とかですね。

その場合は、次のような表現もいいでしょう。

I’m (so) jealous.「羨ましい」

“jealous”は、「嫉妬して、妬んで」という意味。

冗談ぽく「羨ましいよ!」というニュアンスで使えますが、”jealous”は嫉妬からくる恨み・憎しみまでも含む単語なので使い方には注意が必要な表現でもあります。

“jealous”の名詞形である”jealousy”⇒ジェラシーは、日本語にもなってますよね。

I wish I were you.「私が君だったらなぁ~!」

仮定法を使って、「もし私があなただったらいいのに…」⇒「自分もそうありたい」という意味で、
I wish I were you.で羨望の気持ちを表現できますね。

うらやましい(羨ましい)の英語表現<まとめ>

いかがでしたか?

「羨ましい」にも英語では様々な表現があり、伝わるニュアンスが微妙に違いますよね。

最も使いやすいのは”You are luckey!”ですが、状況に応じて色々使ってみると面白いですね♪