「ただいま」や「おかえり」は英語でなんて言う?

 
おかえり,ただいま,英語

この記事を書いている人 - WRITER -


英語コーチ/英語トレーナー。オンライン(スカイプ・電話)と那覇教室にて英語学習のコーチングおよび、英会話を教えています。くわしいプロフィールはコチラ

MAKI

「ただいま」や「おかえり」。
私たち日本人が毎日家庭で交わすこの日常挨拶、英語ではどう表現するのでしょうか?


中学校や高校での英語の授業であまり出てきた記憶はないように思います。

この「ただいま」と「おかえり」をあえて英語で表現すると、

「ただいま」は、 “I’m home.”

「おかえり」は、 “Welcome back.”

となります。

ただし、実際には、「ただいま」や「おかえり」というニュアンスで

“I’m home.”“Welcome back.”をネイティブが日常的に使うことはあまりありません。

“I’m home.”“Welcome back.”は、旅行などでしばらく家を空けていた場合に使うのが一般的です。


「ただいま」は英語でなんて言う?


では、日常会話で、学校や仕事から帰ってきて「ただいま」と言いたいとき、ネイティブはなんて言っているのでしょうか?

正解は、

“Hi!”

です。

普通は、”Hi, Mum!”などと名前をともなって言うのが一般的です。

“Hi!”は「やあ!」という気軽な挨拶として使われることが多いですが、
家に帰ったときに使うと日本語での「ただいま!」のニュアンスになります。


ちなみに、日本では家に誰もいなくても「ただいま!」と口癖のように言ってしまうものですが、英語圏では、誰もいないときには何もいいません。

誰もいないのに、”Hi!”と言ってたら、、、、ちょっと変な人です(笑)。


「おかえり」は英語でなんて言う?


では、「おかえり」はどうでしょうか?

これも、

Hi!

と言うのです。

「ただいま」と同様、”Hi, Dad!”と名前を付け加えるのが普通です。

“Hi, Dad!”で「お帰り、お父さん!」という感じですね。

さらに、

“How was your day?”
「今日はどうだった?」


などと付け加えると「おかえり」のニュアンスがより濃くなります。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Lifework School of English , 2016 All Rights Reserved.