自動詞と他動詞の違い

おかえり,ただいま,英語

一般動詞は、自動詞と他動詞に大別されます。

自動詞と他動詞の違いは、一言でいえば目的語を必要とするか?しないか?」です。

自動詞:目的語を必要としない動詞
他動詞:目的語を必要とする動詞


つまり、目的語を必要とせず自立できる動詞が自動詞、目的語という他者を必要とする動詞が他動詞、というわけですね。

さらに言うと、他動詞は「~を」「~に」などが意味に含まれている動詞といえます。

例えば、以下の2つの文章を見てください。

“I go to school.”という文章を日本語に訳すために、ここではあえて、1つ1つの単語の意味を丁寧にとっていきます。

「私は」「行く」「へ」「学校」

これを組み立てると、「私は学校へ行く」という意味になりますね。

一方、次の文章はどうでしょうか。

“I have a dog.”

これを先ほどと同じように、1つ1つの単語の意味をとってみましょう。

“have”は「持っている」だけど、ここでは「飼っている」となりますが…

「私は」「飼っている」「1匹の」「犬」

「私は1匹の犬飼っている。」

あれ?なんかちょっと変じゃないですか??(笑)

正しくは、「私は1匹の犬飼っている。」とするべきですよね。

“have”は、「飼っている(持っている」ではなく「~を飼っている(持っている)」という意味なんですね。

つまり、”have”は他動詞です。

そして、”I have.”と動詞で文章を終えることはできません。

“I have.”で終えると、「私は、を持っている」になってしまいます。

んんん~~~???はいぃ~~?って感じですよね?

・・・というわけで、他動詞には目的語が必要なんです。

自動詞は後にくる前置詞もセットで覚えよう

一方で、自動詞は目的語を必要としないんですが、目的語っぽいものを置く場合は、前置詞が必要になるわけです。

上の文章、「私は学校に行く」という場合、「に」にあたる”to”が必要なんですね。

“I go school”にしちゃうと、「私は学校行く。」になっちゃいます。

「に」にあたる前置詞の”to”が必要なんです。

だから、自動詞となる単語を覚える場合は、目的語っぽいものを後に持ってくるときに使う前置詞もセットで覚えることが大切!

例えば、以下のようなものですね。

・listen to(~を聞く)
・look at(~を見る)
・talk to /talk with(~に話しかける、~と話す)
・arrive at(~に着く)
・wait for(~を待つ)

いかがでしたか?

さて、一般動詞は自動詞と他動詞に大別されると冒頭で書きましたが、
「この動詞は自動詞、この動詞は他動詞!」とはっきり分類されるわけではありません。

この動詞は自動詞!この動詞は他動詞!とはっきりと言えるものもあれば、
自動詞と他動詞、両方の役割をもっている動詞もあったり、
さらにその場合、自動詞のときの意味と他動詞のときの意味が違う、
などというものもあって、ちょっと複雑なのですが・・・

しかしながら、一般動詞を覚えるときや使うときは、自動詞なのか他動詞なのかを把握しておく必要があるのです。

関連記事

  1. 英語塾,那覇,首里,春季講習

    “as long as”と̶…

  2. おかえり,ただいま,英語

    I’ve got…と I have&…

  3. 英語塾,那覇,首里,春季講習

    fewとlittleの違いと使い方

  4. look forward to

    間違えやすい!”look forward to&…

  5. 英語塾,那覇,首里,春季講習

    many, much, a lot of の違いと使い分け

  6. 英語塾,那覇,首里,春季講習

    no more than/not more than⇔no …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ

英会話レッスンのお問い合わせ