英語コーチMAKI(オンライン講座)

キャリアアップを英語で言うと”career-up”ではなく・・・

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

ビジネスマンがよく使う「キャリアアップ」という言葉。

英語で書くと、

career-up

・・・と書けそうですが、こんな英語、実はありません^^

キャリアアップを、英語で表現するなら、正しくは

career advance
というのが適切です。

I am studying English every night for career advance.
「キャリアアップのために毎晩英語を勉強してるんだ~」
といった感じで使います。

ところで、“career”の発音とアクセントは間違えやすいので注意が必要です。

日本語だと、「キャリア」ですが、英語では、「カア」と読みます。

特に、アクセント位置に注意!
日本語だと、キャリアと第1音節の”ca”の部分を強く発音しますが、
英語のcareerは第2音節の”e”の部分にアクセントがあります。

発音記号は、”kəríər“です。
覚えておいてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です