【2021年】英語発音アプリ決定版4選!発音矯正にもおすすめ! | ブログ | 株式会社e-LIFEWORK

ブログ
ブログ

BLOG ブログ

【2021年】英語発音アプリ決定版4選!発音矯正にもおすすめ!

【2021年】英語発音アプリ決定版4選!発音矯正にもおすすめ!

WRITER MAKI

実践的な英語で必要不可欠なのが「発音」と「リスニング」ですよね!

「リスニング」はCDを聞いたり、字幕で映画を見たりすることで鍛えられますが、難しいのが「発音」ではないでしょうか。

「発音」を上達させるためには、英会話教室に通ったり、オンライン英会話を利用したりといった方法があります。

ですが、こうした方法はどうしても料金が高くなってしまうので、利用をためらってしまう方も多いはず。


そこで今回はリーズナブルに英語の発音を上達させられる英語アプリをご紹介します。

 

英語の発音上達にアプリをおすすめする2つのメリット


1:自分のペースで発音上達への道をステップアップできる

日本語でも「あいうえお」の音があるように、英語にも1つ1つ音があります。

「単語になった時の音」と「文章になった時の音」は違いますから、どうしてもすべての音を聞き分けて正しく発音するのって難しいんです。


また発音を勉強するさい「どこから手をつけたらいいの?」と実践前に挫折してしまう方も多いんですよね…。


英語の発音上達アプリなら、レベルに合わせて1つずつステージをクリアしていく仕組みが多いのでマイペースに、コツコツと発音の練習ができますよ。

まずは肩の力を抜いて、アプリのステージを1つ1つ堅実にクリアしていけば、気付いた時には発音が上達していることでしょう。

2:自分の発音を正しい英語の発音に近づけられる

発音を上達させるためには、以下の3点がとても大切です。


「自分の発音できない音を知ること」

「自分が正しく発音できていいない音(クセや弱点)を知ること」

「発音できない音を徹底的に矯正していくこと」

これらが、発音を上達させるためにもっとも重要なことなんです。


英語発音アプリなら

・自分の苦手とする音を知ることができる

・スマホが「この音ができていないよ」と教えてくれる

と、英会話講師に代わって発音をチェックしてくれるんです。


苦手な度合いが大きいものから発音を矯正していくことで、発音やリスニング力が劇的に改善されますよ。

またアプリなら、自分の音が録音できるので正しい英語発音と比較が可能です。

自然な英語発音を身につけるために、ネイティブの発音を真似てくりかえすことができるのも嬉しいでポイントです。

 

英語発音アプリでできない、たった一つのデメリット

一方通行

口の形や舌の形など「ここをこう変えるといいよ」といった改善点を指摘してくれるってことがないのがデメリットと言えます。

ただし、自分のできていない音を特定することができるので、苦手な音や発音は英語講師に集中的に見てもらうなど活用が可能です。

発音の教材など(DVD)で、苦手な音はどうやって出すのか、を研究して練習する方は多いのですが、どうしても量が多いため、途中で挫けてしまうがネックです。

弱点の発見にアプリを利用して、他の形で発音の練習を補完すると良いかと思います。

 

英語講師厳選!英語発音アプリのおすすめ4選

 

1:英語発音トレーニング

無料なので、発音矯正アプリに迷ったらまずは入れたいアプリです。

特に、英会話初心者の方や「発音を上達させたいけど、何から手をつけたらいいの?」という方に特におすすめ。

シンプルな作りになっており、1日目〜56日目まで…56個のメニューが用意されています。1日5分、56日で全てのカリキュラムを終えるという仕組みですね。

自分のやるべきことが一目瞭然で取り組みやすいのが特徴。

内容も充実していますよ。

単語の音、単語、文章の中でのリンキング…発音に必要なエッセンスが網羅されています。


発音レベルの判定を自分で選べるのも大きな特徴です。

初級と上級があるので、厳しめにチェックしてほしい方は「上級」を選んでくださいね。


発音がうまくなるポイント解説(口の形・舌の位置など)も丁寧。

ネイティブの手本の後にリピートする、録音して自身の発音をチェックするといった充実の機能も無料で利用できるので驚きです。

自分の発音をアプリがチェックして英語の書き起こしをしてくれるので「自分が発音したつもりの単語とは、違う単語が表示された」場合その発音は間違っている…という事になります。

自分の発音と正しい英語とのギャップが判定できるんですね。


こちらのアプリですが、これだけ機能が充実していて驚きの「完全無料」です!

広告が最初に表示されるだけなので、迷った時はまずインストールしたいアプリです。

 

2:発音博士

発音の矯正と採点をしてくれるアプリです。AIが発音の点数化し、一音一音を細かく判定・分析してくれるので、自身の発音を視覚化できるのが最大の特徴。


1つの単語や短い文章を読むと、AIが採点してくれます。

さらにどこの発音が間違っていたか音素に「×」がつくので、自分の苦手な音、どの音が発音できていなかったのかが一目瞭然です。

お手本が読んだ後に、自分で発音ができるので、一音ずつお手本との聴き比べができます。


私はこのアプリで「L」と「R」の違いがまだまだだったと気付きました…。


発音が点数化されるので、できていない音や単語から集中的に取り組んで効率的に英語の発音が上達できます。


無料版は『基本100単語+月・曜日・数』、有料版は『中学英単語セットが730円』、『高校英単語セットが980円』となっています。

 

3:ELSA Speak

メニューが充実しており、本格的に英語の発音を学びたい方におすすめです。


無料版と有料版があり、英文の難易度が高いものは有料版になります。

有料版は450円ですが、ちょくちょく10%割引キャンペーンなどを開催しているので、無料版から入って割引されている時に有料版に移行するとお得です。


音によっては動画で口や舌の細かい解説があってわかりやすく解説が丁寧です。

また自分の発音をAIが判定してスコアが見られます。

「95%以上」ならネイティブ同然、「60%」ならあともう一歩…と明確にわかる点も嬉しいポイント。

スコア以外にも発音した文章に緑色がつけば正しい発音、赤色がつけば謝った発音と、色で発音の弱点を教えてくれます。

自分でも気づかなかった発音のクセなどの発見ができて便利ですよ。


オフィスや病院など、シチュエーションごとに会話のバリエーションがあって、飽きずに発音トレーニングに取り組めるので楽しく発音上達ができるアプリです。

4:音読メーター

発音というより、音読に特化したアプリで、音読をしながら発音がチェックできるので紹介します。

本来は音読量を管理・記録して音読のモチベーション向上のために開発されたアプリです。


メニューは「テキスト英文を読む」もしくは「フリー音読」の2つ。

「テキスト英文を読む」は、読んだテキストから、発音がどのくらい正しかったのか正答率で採点される仕組みです。


私がおすすめしたいのは、2つ目の機能「フリー音読」です!

こちらは自分の好きな題材、テキストなどの教材を読み上げると書き起こしされるようになっています。

TOEIC学習者はTOEICリスニングの会話やアナウンスを、学生の方であれば教科書などを音読して「自分の発音がしっかりできているか」「どの音を間違ったのか」を理解し弱点克服に活用できます。

比較的長い文章の音読を通して発音もチェックしたい人におすすめ!


基本的には無料で利用できますが「プレミアムプラン」は「280円/月」となっています。最初の一ヵ月は無料なので、試してみて合っていると思ったら正式に有料版に移行してもいいでしょう。

英語講師が厳選した発音矯正アプリ4選

英語発音の勉強って、何から手を付けた良いのかわからず結局なにもできてない…という方が多い分野なんです。

今回紹介した発音矯正アプリなら、用意されたカリキュラムに従って毎日コツコツ発音練習をしたり、苦手な発音を分析してくれたりと機能が充実しています。

まずは無料版を試してみて、自分に合っていると思ったら有料版へ移行するようにしてくださいね。

苦手な音、間違っていた音は実際にネイティブ講師や英会話講師に重点的にみてもらうようにして、上手にアプリを活用しましょう。

WRITER この記事を書いている人

MAKI

3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

COMMENT

メールアドレスが
公開されることはありません。
が付いている欄は必須項目です