オンライン英会話で伸びない原因は!?英語力が伸びる人と伸びない人の違いを指摘! | ブログ | 株式会社e-LIFEWORK

ブログ
ブログ

BLOG ブログ

オンライン英会話で伸びない原因は!?英語力が伸びる人と伸びない人の違いを指摘!

オンライン英会話で伸びない原因は!?英語力が伸びる人と伸びない人の違いを指摘!

WRITER MAKI

オンライン英会話を受講している方からこんなお悩みが多く聞かれます。

「語学力が伸びていない気がする」

「真面目に受講しているのに、話せるようにならない」

「英語力が身に付かない」

自宅で簡単に、ネイティブの方と会話できるのがオンライン英会話のメリットですが、じつは落とし穴があることをご存じですか?

この記事では、オンライン英会話を受講しているのに実力がついていないと感じている方のために、オンライン英会話で力を伸ばす方法を伝授します。

オンライン英会話を受講して、伸びない人と伸びる人の違いをずばり指摘していきますよ!

 

☆動画でも解説しています☆

2部構成になっています。
(サクッと理解したいなら、倍速再生がオススメです^^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【オンライン英会話 使い方】いくらやっても上達しない人は見て!初心者止まりのの5つの要因と&上達するやり方のコツをズバリ指摘します! 【オンライン英会話 使い方】やればやるほど英会話が上達するオンライン英会話の効果的なやり方を東大卒プロ英語コーチが解説します!

オンライン英会話で伸びない5つの原因

 

話す土台が不十分


最初の原因はずばり!

 

「英会話に必要な基本単語や文法ができていない!」です。

文章が口から出てこない、単語でしか会話ができないなど、ブロークンな英語でしか話せない方は、まず会話の土台ができていません。

これをテニスで例えると、ラケットが正しく振れていないのに練習試合に出ているようなものです。

こんな状態で試合をしても、ボールが打ち返せません。

つまり、会話のラリーができないんです!

まずは簡単な英文が話せるようになってから、オンライン英会話に再度チャレンジしてみましょう。

話す土台はちゃんとある?チェック項目!

  • パッと英文が出てこない
  • 単語しか話せていない
  • 英文で自己紹介できない
  • 今日の出来事を英文で説明できない

こんな点に当てはまるなら、まずは土台作りから!

とはいえ、英単語や英文法の勉強って退屈ですよね…。
面白くなければ、何事も継続できません。

そこでおすすめなのが、英語の日記です。

今日のできごとや、自分が感じた事を英語にして日記に書いてみましょう。

日記を単語だけで書く人はいませんよね?
日記をつけると、英単語や英文法が自然と身に付き、英文で考える癖がつきますよ。

 

レッスン以外何もしていない

「英語の勉強はオンライン英会話のレッスン中のみ」の方は要注意です!

 


オンライン英会話を受講するだけで満足していませんか?

これでは、学生の頃テスト勉強と称して、単に教科書にたくさん線を引いただけの人と同じです!

前述した通り、オンライン英会話は「練習試合」です。

日々の勉強成果を試す場所だと心得てください。

まずはオンライン英会話の前に、今日は何を話そうかな、映画で聞いたフレーズを使ってみたいな、と英会話の予習をしてみてください。

 

レッスンを受けた後復習していない

講師から受けたアドバイスを、そのままにしていませんか?

復習をしないでいると「なるほど!」と思った大切なことも、翌日には忘れてしまうものです。

自分が言えなかったこと、講師に指摘されたことなど、後で復習するのをお忘れなく。


また、指摘された内容について「わかったふり」をして適当に「Yes.」とか「I see」なんて返していませんか?

 

これが一番もったいないです!

これでは、次回も絶対に同じところを間違いますし、自分でも理解できていないので秒で忘れてしまいます。

「聞くのが恥ずかしい」「理解力がないと思われたくない」と、怖気図いてしまう気持ちはよくわかります!

しかし「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」ですよ。

“Japanese people don’t really have this sense.”
「日本人にはない感覚ですね」

とか言って、しつこく根ほり葉ほり質問しちゃいましょう。


個人的なおすすめは「復習ノート」というか「弱点ノート」で記録することです。

指摘された間違い、わからなかった単語など、使いたい英語表現など、とにかく何でもメモしておきましょう。

後で見返した時、自然と自分の弱点がわかるようになりますよ。

ただ受講するだけのオンライン英会話から、自分の弱点を知って克服していく場所へと変えていきましょう。

 

「オンライン英会話=英語を学ぶ場」になっている

「どういうこと?オンライン英会話は英語を勉強する場所でしょ?」

 

と疑問を感じた方も多いはずです。

しかし!何度も言っていますが「オンライン英会話は練習試合」なんです。

練習試合は日ごろの成果を試す場所ですよね?

つまり、オンライン英会話は、普段学んだ英語を試す場所なんです!

「英語を学ぶ」のは自主トレ、自主学習が一番効果的、かつ効率的です。

オンライン英会話は「学ぶ」のではなく、「英語を使う」場として活用すべし!

 

レッスンを先生任せにしている

最近受講したオンライン英会話を思い出してください…。

受け身でレッスンを受けていませんか?
主導権が先生にありませんか?

 


主導権が先生にあると、こんな落とし穴が生まれるのでご用心。

1. 自分の話す量が少なくなる

2. レッスン受け身で聞くことで集中力が低下する

3. テキストを使ったリーディング・文法レッスンになってしまう

特に注意したいのが、テキストレッスンです。

テキストで文法や単語・リーディング・音読などを練習するのは、自分でできます!

30分程のオンライン英会話で、先生がテキストに沿って進めて8割話す。
あなたは、たまーに「Yes」と答えるだけ…


もったいないです!

これでは、退屈だった学生時代の授業と全く一緒になってしまいます。

英語の勉強にはなるかもしれませんが、英語力が身に付くかと言われると…難しいのではないでしょうか。


反対に、一番英語力が身に付くのは何だと思いますか?

それは「フリートーク」です。


例えば、

「この前見た映画、面白かったな。
先生に話してみよう。
先生のおすすめ映画も聞いてみよう。」


と、自分の中で話す内容を決めて会話の主導権が取れると良いですね!

 

・映画の内容をどう説明するか

・自分の感想をどう伝えるか

・相手がおすすめする映画の説明をリスニングできるか

・映画に出てきたフレーズについて質問する

こんな英語学習が自然とできてしまいます。

そして何より、オンライン英会話を受講していて楽しい気持ちになれますよ!

映画の部分は、本でも、好きなスマホゲームでも、推しについてでも、何でも良いですよ。

次のオンライン英会話では、ぜひ主導権を握ってみてくださいね。

 

 英語学習のコツ!第二言語習得理論

これは「INPUT→OUTPUT→INPUT」は学習効果が高いということ。

日本語でイメージするなら「予習→授業→復習」ですね。

オンライン英会話に当てはめると、こんな感じでしょうか。

話すための基礎知識(文法・単語)を勉強

 

→オンライン英会話で実践

→復習をして自分のものにする

これを踏まえて、オンライン英会話で伸びる人の特徴5つを読んで頂ければと思います。

 

オンライン英会話で伸びる人の5つの特徴

ここからは反対に、オンライン英会話で英語力がぐんぐん伸びる人の特徴を解説していきます。

 

 


話すための基礎知識が備わっている

英会話の基礎知識は「文法と単語」が必要です。

しかし文法は中学1、2年レベルでOKですし、単語も中学3年間の単語で良いんです。

この土台で、英文がパッと組み立てられる人はオンライン英会話で伸びる人です!

 

「英文法あやしいなぁ~」と言う人は、英文法の問題集をやってみてください。

英作文の問題を発音してみるというのも効果的です。

書くのは大丈夫だけど、口からパッと出てこない…という方、実はけっこう多いんです。

 

レッスン以外に自主学習をしている

普段から、自分の口で英語を出す自主トレをやっている人は上達が早いです。

というのも、独り言で自分の身の回りのことや自分の考え・予定などを英語で説明できない場合、相手がいるオンライン英会話では緊張しちゃってより一層英語が出てこなくなるからです。

 


おすすめなのが、英文日記やテキストの瞬間英作文。

普段から、自分のことを聞かれたら「英語で」答えられるように、表現の練習をしてみましょう。

 

英語を学ぶのではなく実践の場にする

オンライン英会話は自分の実力を試す場所です。

学んだ英語をアウトプットし、スピーキング力やリスニング力といった英会話力を試す場なんです。

逆を言えば、オンライン英会話で講師に間違いを指摘されたところはあなたの弱点です。

 

「今日話した内容に関する単語をもっと勉強しておこう」

「過去形、現在形に気を付けよう」

「相槌の種類をもっと増やそう」

こんな風に、次回への課題ができたり、自分自身への宿題を出せたりするといいですね。

予習・復習をしている

「今日はこのテーマで話そう」

「自己紹介の時、いつもと違ったことを話そう」

こんな風に、目的意識・目標を持って取り組んでいる方はオンライン英会話で実力が付きます。


言えなかったこと、本当はこう言いたかった、ということを改めて英文を作って復習をする。

次回話す内容について考えて、英文を作ったり英単語を勉強したりと予習をする。

前述した通り、学習に大切なのは「予習→実践→復習」です。

学んだ表現をノートに書き留める、次回話すテーマのためのネタ帳を作るなど予習と復習を実践してみてください。

 

 

自分がレッスン・会話をリードする


レッスンを受け身ではなく主導権を持っていますか?

自分が会話の主導権を握ると、たくさん話せますよ。


「日本語の会話だって難しいのに、英語なんてもっと無理です」と尻込みしてしまう方も大丈夫!

英語の日記を書いて、その内容を話し、それを軸に会話をしていきましょう。

他にも、自分の趣味・好きなことを1分ぐらいで話す簡単なスピーチを用意して、それを話して質問してもらうのもGoodです。

というのも、自分に関することって答えやすいし、話しやすいんです。

反対に、相手の話題って興味が持てないと日本語でも会話が難しくないですか?

 

 

オンライン英会話で実力が伸びる人と伸びない人の違い!


真面目にオンライン英会話を受けているのに、英語力が伸びていないと悩んでいませんか?

以下に思い当たることがあったらご用心です。

 

 単語でしか話せない

 オンライン英会話を受けるだけで他に勉強はしていない

 オンライン英会話を受講する際、予習や復習はしていない

 いつも先生が話してレッスンが終了する

 オンライン英会話を受けるだけで満足

英語の学習には目的意識を持つことが大切です。

オンライン英会話のメリットを最大限に活かすために、普段から身の回りの出来事や自分自身のことを英語で説明できるよう、練習しておきましょう。

自分の好きな事なら、相手にも説明しやすく、何か聞かれた時にも答えやすいですよ。


皆さんの英語学習が実りあるものになりますように!応援しています。

WRITER この記事を書いている人

MAKI

3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

COMMENT

メールアドレスが
公開されることはありません。
が付いている欄は必須項目です