英語上達における「計測する」ことの重要性とは

 

この記事を書いている人 - WRITER -


英語コーチ/英語トレーナー。オンライン(スカイプ・電話)と那覇教室にて英語学習のコーチングおよび、英会話を教えています。くわしいプロフィールはコチラ

MAKI

英語の長文を速く読めるようになりたい・・・

リスニングで英語の音を聞き取れるようになりたい・・・



一言で「英語力を上達させたい」といっても、具体的に見ていくと、人によってとくに上達させたいスキルはさまざまですよね?

 

TOIECや英検、大学受験などで必ず課されるリーディングや長文読解では、試験時間内に解くために「速く読む」ことを求められますし、

仕事・ビジネスで英語を使う必要がある場合も、英語を速く読めるか否かは仕事の生産性に関わってきます。

 

また、リスニングにおいても、できるだけ多くの情報量を聞き取りたいと思うはずです。

 

英会話でも、外国人との会話ができるだけ長く続いたらいいな・・・とか、たくさん会話のやりとりをしたい、と思うのではないでしょうか?

 

ライティングも、まとまったボリュームの英文をできるだけ短時間で書きあげたいと思う方もいるでしょう。

 

しかし、このように英語の4技能の中でとくに伸ばしたいスキルが違っていても、共通して取り組んでおきたい、重要な概念があるのです!

 

それが、「計測する」ということ!

 

今日は、このように英語の4技能の中でもとくに伸ばしていきたいスキルがある場合でも、共通してやるべき「計測する」ということの重要性と具体的な内容についてお伝えしたいと思います。

 

上達させるために「計測」が及ぼす効果

 

英語の4技能(リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング)のどれかを集中的に上達させたいと思ったときに、とても大切なことは、「計測する」ということです。

 

この「計測する」ということは、英語学習に限らず、何か上達させたい、改善したいというときにはとても重要な考え方です。

 

例えば、ダイエット

体重を習慣的に「計測」することで自己管理しやすくなります。

「このままではダメだ」とか「もっとがんばろう」というモチベーションにもつながるのではないでしょうか。

さらに、「もっと体重を落とすにはどうすればいいか」と、具体的な改善点や課題を探すきっかけになります。

 

また、スポーツ、例えばランニングの例にしましょう。

ただひたすら走るのではなく、10キロ走った場合のタイムや、10分間で走れた距離を計測すると、しかるべきペース配分や走り方の改善点が見つかり、その改善点にフォーカスして練習していくことで速く走れるようになるのではないでしょうか?

 

何にでも言える事なのですが、時間を計測したり、決まった時間の中でこなせたタスク量を計測することで、改善点が明確になり、自己管理しやすくなったり、目標までの道のりが見える化して、上達しているのかどうかも把握しやすくなります。

 

英語の4技能の上達に「計測する」ことが大切な理由

 

英会話すなわちスピーキングにおいても、「外国人とたくさん話したい」と思うのなら

何分間ぐらい会話が続くのか、

何往復ぐらい会話のキャッチボールができているのか、

といった現状を数値で具体的に把握し、

**分間、会話を続けよう!

**往復、会話のキャッチボールをしよう!

と目標を数値化することが大切です。

 

英語のリーディングに関して言えば、

英語長文を読むのにどれぐらい時間がかかっているのかを計測して

「1分あたりにどれぐらいの単語数が読めているのか」

というリーディング速度を計測し、目標のリーディング速度を決めて取り組む必要があります。

 

英語のリスニングについては、

自分のシャドーイングを録音してどれぐらい単語をきちんと発音できているのかをチェックしたり、

ディクテーションをしてみて、聞き取れている単語数を数えて、「全体の何%ぐらいを聞き取れているのか?」をまず把握するのも効果的です。

 

英語のライティングに関して言えば、

「英文メールを1本書くのに何分かかっているのか?」

「英作文問題を、制限時間内で**字書けているのか?

といったことを計測して、現段階の数値を出し、

「**分以内に書く」

「20分で**字以上書く」

といった目標をもって取り組むと効率良くライティング作業ができるようになるのです。

 

学習効率を高めるために「計測する」意義と方法

 

英語の4技能のスキルアップのみならず、英語の学習効率を高めるのにも「計測する」ことが効果的なんです。

 

たとえば、単語を覚えるとき。

単語**個を覚えるのにどれぐらい時間がかかっているのかを計測し、現状の単語のインプット効率を把握します。

 

そして、

「**分間でこれだけやる!」

といった具体的な目標で勉強していく方が効率的ですし集中力が高まります。

 

また、単語を覚えているかテストをするときでも、

1問あたりの時間制限を設けて、3秒以内に単語の意味が出て来なかったら次!

などとしてテンポよく進めたり、

100問中、何問は覚えられていたかと点数を「測定」することも効果的です。

 

問題集も、ただ漠然と解くのではなくまずは時間制限を設けることで、

自分の学習がスローペースになっていないか、目標に向かってスムーズに学習が進んでいるのかといった進捗状況が確認しやすくなります。

 

このように英語学習においても「計測する」ということを取り入れることで、集中力が増し、学習効率を高めていくことに役立ち、結果的に英語の上達スピードが速くなるのです。

 

まとめ

いかがでしょうか?

英語学習において、「計測する」ことの重要性と効果をご理解いただけましたでしょうか?

 

このように、英語上達においても「計測する」ということが上達の一つの効果的な方法です。

 

伸ばしたい英語スキルを、「計測する」ことで現状のレベルを「数値」で把握し、数値目標を立てて取り組む、ということをぜひやってみていただければと思います。

 

そして、「定期的に計測する」⇒「課題を発見する」⇒「改善する」というサイクルを実行して、英語上達や英語学習の効率化に取り組んでみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

記事はいかがでしたか?

楽しく読んでいただけた、あるいは、あなたの英語学習にお役に立てたのならとても嬉しいです!!

もし、「記事が役に立った!」「英語学習に役立つもっと濃いノウハウが知りたい!」というあなたへの2つのご案内です♪

1、無料メール講座を読んでみる!

2、体験セッションを受けて、直接アドバイスを聞く!

-------------------------------------------------------------------

1、無料のメール講座を読んでみませんか?

「あなたの英語力を10倍速で伸ばす学習戦略とマインドが身に付く」メール講座をお届け♪

目から鱗♪有料級の学習ノウハウが完全無料!費用一切なし!不要になったらいつでも解除できます♪

メールアドレスの流用などももちろんなし!

英語学習者に役立つ情報を少しでも多くの人に知って頂き、ほしい英語力を身につけてワクワクする人生を手に入れていただきたい!

・・・という思いで配信させて頂いています!

今だけ♪カンタン5STEPで学べる「ほしい英語力を3ヶ月で身につけるための仕組み化づくり」の動画をプレゼント中です。

6つの動画付きメール講座

▶︎ご登録頂きました方からは、

「目から鱗の情報でした!」

「読んでるとやる気が出ます!」

「メルマガ読んでTOEICの点数がアップしました!感謝しています♪」

「無料だからと気軽に登録してみたら、有料級の情報でびっくりしました!」

というようなメッセージをいただいています。

登録はこちらからできます。


 

2、英語コーチングの体験セッション(毎月、先着5名様まで無料)

「自分の本当の目標とやるべき勉強内容がはっきりして、やる気が出ました!」

「今の私の悩みに的確なアドバイスをいただいて、霧が晴れたようです!」

といったメッセージをいただいております。

体験セッションの無料枠は、毎月3名(先着順)です。

体験セッションのお申込みフォームはコチラ

※お申込みのタイミングによっては、少々お待ちいただく場合がございますのでご了承ください。

<LINE、はじめました!>

「LINEの方がメールよりも相談しやすい」

とご好評いただいています♪

LINEの友達登録はコチラ↓ 友だち追加

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です