英語コーチMAKI(オンライン講座)

学びや気づきを最大化するために必要な、当たり前のこと

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

今日は、少し親バカが含まれてるかもしれない、お話をします。

でも、もしかしたら、あなたにも大切な気づきがあるかもしれないので、シェアさせていただきたいと思いました。

私が、娘と、娘の小学校の先生から私自身がハッと気づかされた学びのシェアです。

 

人から話を聞いて学んだり、セミナーや研修で学んだり、書籍やWebで読んだりして、



「あ、いいこと聞いた!」

「すごい勉強になったな〜!」

「自分もやってみよう!」

そう思うことありますよね?

 

でも、「あ、勉強になったな〜!」の、その先こそが重要なんだよ!

ってことを改めて学び、自省した出来事がありました。



プライベートブログ「ウツコ日記」に書いたので、シェアします。

長女のノートと先生のコメントからの気づき

↑「ウツコ日記」は旦那の愚痴が満載ですが、今回は、真面目な話を(笑)



「いいこと聞いた!」「学んだ」と思っても、そこで終わりにすると勿体無いんですよね。

自分にはどのように生かせるかな、と考えること・・・



そして、すぐに自分なりに取り入れ、実行すること・・・



これがキッチリ、できている人はそう多くない。

(私も含めて、です)

でも、すぐに実行できないのも私すご〜くわかります。



その理由の一つが、



「使い方、これで合ってるのかな?」

と不安になる。

 

でもね、そこで考えてみてほしい・・・

 

「正解」よりも「得たい結果」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



実行してみることで、得たい結果が得られるなら、



「とりあえずやってみようよ」って話です。

正しいかどうか、は一旦置いてみる。

 

正しさはやっていくうちに身についてくる。

やってみて、「どうしても合わないな〜」と思ったらやめればいい。

 

コーチングにおいては、コーチは有益な情報を提供するし、クライアントさん自身の内側からもいい気づきが生まれます。

 

でも、行動しないと得たい結果は得られないんです。

 

だから、コーチングセッションの最後には、「いつ」「何を」やるか・・・1日のアクションに細かく落としこんでいくわけです。



そして、ここでクライアントさんの中でもパターンが分かれるですが、



「今日からやります!」と速攻で取り組む人と、

「明日からやりま〜す!」と言う人と、

どちらが早く得たい結果にたどり着くか、一目瞭然ですよね?



この微妙な差が、実は大きな成果になってあらわれます。

 

例えば、体験セッションを同じように受けていただいた人の中でも、

「じゃあ、今から、私はまず何をやる?」

を明確にして、その直後からすぐにアクションを取る人は、3ヶ月後に設定したゴールを2ヶ月とか1ヶ月半とか…で前倒しで達成しちゃうわけです。

 

ぜひ、学びや気づきをそのままで終わらせないで学び→行動→成果のスピードをどんどん加速していきましょう♪

この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です