「一年の計は元旦にあり」は英語でなんて言う? | ブログ | 株式会社e-LIFEWORK

ブログ
ブログ

BLOG ブログ

「一年の計は元旦にあり」は英語でなんて言う?

「一年の計は元旦にあり」は英語でなんて言う?

WRITER MAKI

英語コーチのMAKIです。
あけましておめでとうございます。

今日は元旦ですね。
あなたはどのように過ごされましたか?

私は香川県の実家でお正月を迎えています。

初詣に行ったり、お雑煮を食べたり、
おせち料理を食べたり、テレビを見たり…

…と、お正月ってついついのんびりしてしまいます。

ところで、あなたは新年の抱負は立てましたか?

「一年の計は元旦にあり」という言葉があるように、

新年の最初の日である元日は、
新年の抱負やその年の目標を立てるのに
ベストな日です。

ちなみに、この「一年の計は元旦にあり」を英語で表現すると、

“New Year’s Day is the key of the year. “

直訳すると「新年の初日その年の鍵である」ということ。

物事は最初が肝心だという考え方に基づいています。

コーチングのクライアントさんにも、年明けの最初のセッションで、今年の目標とそのためのアクションを宣言してもらう予定です。

さっそく年明けと同時にメールで今年の目標を送ってくれたクライアントさんもいらっしゃいますよ〜。

私も、ざっくりと目標とアクションを書き出してみました。

そして、その目標に一歩近づくアクションも、少しですけどさっそく実行してみました。

たまには仕事や勉強から離れてのんびりすることもいいですが、

お正月の間に、自分と対峙して目標設定をすることをおすすめします!

Posted from するぷろ for iOS.

WRITER この記事を書いている人

MAKI

3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

COMMENT

メールアドレスが
公開されることはありません。
が付いている欄は必須項目です