英語初心者がまず押さえるべき英文法の基礎はここ!-英語の語順- | ブログ | 株式会社e-LIFEWORK

ブログ
ブログ

BLOG ブログ

英語初心者がまず押さえるべき英文法の基礎はここ!-英語の語順-

英語初心者がまず押さえるべき英文法の基礎はここ!-英語の語順-

WRITER MAKI

今日は、英文法の基礎の中で一番最初に押さえておくべきポイントを解説します。

ここの部分、実は疎かにしがちなんですが、今日の内容を理解し頭の中にしっかりと定着させることがその後の英文法習得をスムーズにしますので、初心者のかや、英文法が苦手…と言う方はぜひお読みください。

 

英語は語順が全て

 


英語の基本、つまり英文法の基礎の中の基礎は、「英語の語順」です。

英語は「語順の言語」と言われます。

実は、日本語はそうではありません。

英語と日本語では語順が全く違うことが、日本人にとって英語を難しくしている最大の要因なのです。

(なので、この英語の語順を知るだけで、英語を理解するハードルがグッと下がるはずです。)

日本語の文章ってこんな感じですね。

「私は英語を勉強します」

と言いたい時、

「私は英語を勉強します」以外にも、


・英語を勉強します。(「私は」を省略)

・私、勉強します、英語を。(順番が入れ替わる)

 

「私は学生です。」という時も、

「学生です、私。」とか「学生なんです。」と言葉の順番は適当、主語「〜は」が省略されたり、語順が変わったり…

さらに、日本語の普通の文章は、「述語が最後」です。

「私は学校で毎日、英語を一生懸命勉強します。」

の文章を見ると、述語「勉強します」は、主語からずっと離れて、最後に来ます。

これに対して、英語は、単語を並べる順番「語順」が決まっているし、主語は勝手に省略しちゃいけないし、述語(動詞)は先に言っちゃうんです。

これを解説します。

 

英語の語順は「誰が+どうする+何を」

 


英語は語順が決まっています。


「誰が+どうする+何を」

この順番が絶対なんです!

「私は英語を勉強します。」は英語では、

誰が(私は)+どうする(勉強します)+何を(英語を)

I study English.

「私は」+「勉強します」+「英語を」

これが絶対の語順です。

日本語の、「英語を勉強します(「私は」を省略)」「私、勉強します、英語を(順番を入れ替え)みたいな自由度はありません。

「私は英語を勉強するんだ〜」ってことを伝えたかったら、

I study English.

一択なんです。Study English I. とか、日本語の順番が楽だからって、I English study. なんて言えないんです!

これは英語の文章が長くなったときも同じ。

「私は学校で毎日英語を一生懸命勉強します。」

長っ…笑

上で見ていただけるように、日本語の文章は、述語「〜する」「〜です」は最後です。

これを英語にするときには、

「誰が」+「どうする」+「何を」をまず先に持ってきて、残りの情報を後ろに持ってきます。

I study English very hard at school every day.

英語の場合は、この”I study English” という「誰が」+「どうする」+「何を」の結論を先に伝えることが大切なのです。

そして、日本語と英語の大きな違い…繰り返しになりますが、日本語では述語(動詞)が最後。

一方で、英語は、主語のすぐ後に動詞(述語)が来る…これが重要なルールです。

ちなみに、それより後ろの単語の並べ方はさほど重要じゃないので、気にしなくてOKです^^

ちなみに、私は英語を話す時も聞くときも読むときも、「誰が」+「どうする」+「何を」だけにフォーカスしています。

だって、伝えたいことって、

「誰が」+「どうする」+「何を」

なんですよ。これで言いたいことの8割が伝わるんです。

これ以外は、ついでの情報、飾り、・・・人間のカラダに例えていうと、脂肪(=余分なもの)なんです。

ここで、英語をマスターする上でもう一つ、重要なポイントがあります!

英語は、重要な順番に並べる!!

欧米人は結論を先に聞きたい!せっかちなんです(笑)

「誰が」+「どうする」、これ大事です、文章の骨子ですよ!

 

で、「誰が」+「勉強する」とくれば、

何を????

って気になりません??

 

だから、「誰が」+「どうする」+「何を」

I study English.

「私は」+「勉強します」+「英語を」

と、ちゃんと必要な情報を伝えつつ、そうすると、

「どこで?」「いつ?」とか突っ込んで聞きたくなっちゃう(言いたい!)情報も出てくるかと思います。

そのついでの情報(飾りの情報)を、文章の骨子である「誰が」+「どうする」+「何を」の後に持ってきてあげればいいわけです^^

この「誰が」+「どうする」+「何を」が、

英文法の用語で言うところの、

S+V+O

(主語+動詞+目的語)

と言うものです。


S(主語):〜は、〜が(動作の主)
V(動詞):どうする(動作)、〜です(状態)
O(目的語):何を

 

英語の文章のほとんどが、

S+V+O(主語+動詞+目的語)

=「誰が」+「どうする」+「何を」

のパターンです!!!

 

 

「私は〜です」の語順も「主語+動詞+〜」

 

ちなみに、「私は学生です。」と言いたい時も、「主語+動詞(述語)」のルールに乗っ取って、「私は」+「です」+「学生」の順番です。

この場合は、

S+V+C(主語+動詞+補語)

=「誰が」+「です」+「何(どんな)」

Cは、O(目的語)と似たようなもので同じように動詞のすぐ後ろに来ます。

「S(誰が)+V(〜です)+C(何)」で、

I am a student.

C(補語)は、何かと=(イコール)になるものです。

「あ、難しい!」と思ったら、「C(補語)もO(目的語)も同じようなもん!」って考えていてOKです。

「S(主語)+V(〜動詞)+O(目的語)」か

「S(主語)+V(〜動詞)+C(補語)」

このパターンで、日常会話の95%ぐらいは話せます!

 

 

英文における「動詞」の超重要ルール

 

 

基本原則は、「1つの文に1つの動詞」

 

英語の文章には「動詞」が必要であり、動詞は「心臓」のような役割を果たしています。

動詞がないものは文章ではありません。

そして、動詞は1つの文章に1個です。

「いやいや…長い文章には、動詞がいくつか出てくるけど〜」という声が聞こえてきますが、それはあるルールに乗っ取って増えています。

基本原則は、「1つの文に1つの動詞」です。

動詞は、勝手に増やしてはいけないのです(増やすときはルールがある!これは学習のもう少し後の段階で理解できる日がきます。そう遠くはありません!)

で、「1つの文に1つの動詞」と言う基本原則を守らないと大変なことが起こります。

例えば、「私はブタちゃんが好きです」と言いたい時・・・

(ど〜でもいい話ですが、私は”Pepper Pig”と言うイギリスの子供向けアニメが大好きなんですが…簡単な英語でウィットやユーモアに飛んでいて、親子で見るのもおすすめ!笑)

私は、…だから、Iでしょ?Iとくれば、am かな。「好き」はlikeだよね〜?!

って考えて、こんな文章を作っちゃったとします。

 I am like a pig.

実は・・・

この文の意味は、「私はブタのようだ。」です。

ヒ〜〜〜!!自分をディスってどうするんですか〜〜?!

ちょっと解説すると、このI am like a pig.と言う文章では、動詞は、am(〜です)になり、likeは、 「〜のような」(前置詞)と言う意味で使われるんです。

正解は、


○  I like pigs.

です。

これ、自分のことならまだしも、

「僕は彼女とよく動物園デートをするんだけど〜、彼女はゾウが好きでさ〜」と言うことを伝えようと、


She is like an elephant. 
(=彼女はゾウのようだ。)

と言っちゃったら…大変ですよね?!

ビンタです、ビンタ!!笑

正解は、

○  She likes elephants.

 

主語は省略NG

 

英文では、主語は省略してはいけません!

日本語は、「英語を勉強します」「学校に行きます」「学生です」としばしば主語が省略されますが、英語は省略NGです。

「英語を勉強します」と言うときにそのまま

English Study.→こんな英文ありません!

Study English.→「英語を勉強しなさい」(命令文)

となってしまうのです。

ですから、英語を学ぶ、使うにあたり、「誰が」+「どうする」+「何を」、この形を徹底してくださいね。(この形さえ守っていれば、変な英語にはなりません!)

まとめ

いかがでしたか?

今日は、「英語をこれから学ぼう」と言う超初心者向けの方にまず理解して欲しい、英文法の基礎、さらに言うと、超重要なポイントについて書いてみました。

英文法を学ぶなら、まずはこのルールをしっかり頭に叩き込んでおいてくださいね!

WRITER この記事を書いている人

MAKI

3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

COMMENT

メールアドレスが
公開されることはありません。
が付いている欄は必須項目です