台風(=typhoon)とハリケーン(=hurricane)の違いと名前の付け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
おかえり,ただいま,英語

台風を英語で言うと、”typhoon“であることは皆さんご存知かと思います。

一方で、「アメリカでは台風のことをハリケーンっていうんだよね?」と言う方も少なからずおられるようですが、

台風=typhoon
ハリケーン=hurricane

であり、この2つは全く別物なのです!

台風も、ハリケーンも、どちらも熱帯低気圧であるという点では同じですが、これらは発生場所の違いから別物であり呼び方も異なるです。

typhoon(台風)は北太平洋で発生する熱帯的気圧、一方で、hurricane(ハリケーン)は北大西洋で発生するものです。

ちなみに、インド洋で発生するものはcyclone(サイクロン)、オーストラリアではwilly-willy(ウィリー・ウィリー)なのです。

さて、台風は1号、2号、…と番号順で台風を呼んでいますよね。

例えば、台風10号は英語で、”Typhoon No.10“といいます。

一方、ハリケーンは人の名前をつけられているのをご存知でしたか?

昔は、女性の名前ばかりでしたが、今は女性の名前と男性の名前を交互につけています。

NHC(米国ハリケーンセンター)はアルファベット順の名前をあらかじめ準備して、発生した順にアルファベット順につけているのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MAKI英語コーチ/英会話講師

投稿者プロフィール

東京大学卒
英国ケンブリッジ大認定英語教師(CELTA取得)
学習塾や英会話スクール、大学受験予備校などでの指導をへて、
現在、英会話スクール Lifework(ライフワーク)代表・講師

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログランキング

よろしければ応援クリックお願いします。 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

ブログランキング
ページ上部へ戻る