英語コーチMAKI(オンライン講座)

海外メディアの進次郎&滝クリ報道のユニーク表現(笑)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

ようやく落ち着いてきた、
小泉進次郎さん&滝クリの結婚報道。

こういうニュースって、海外では
どう報じているのかな、


と見るのが、
私の楽しみの一つでもあります。


で、さっそくニュースの見出し
から面白い表現を見つけたので、

ご紹介しますね。



ロイター通信
↓↓↓
Japan abuzz over wedding bells for telegenic son of former PM Koizumi

「日本はテレビ映えする、
小泉元首相の結婚に大騒ぎ」

記事元:%url2%(https://www.reuters.com/article/us-japan-wedding-koizumi/japan-abuzz-over-wedding-bells-for-telegenic-son-of-former-pm-koizumi-idUSKCN1UX0OE)


このニュース見出しの中の、
“abuzz”や”telegenic”

というのが
いかにも現代的ですね。


abuzzは、ミツバチの鳴き声
「ブンブン」の”buzz”の派生語です。


「騒ぎ立てる」という意味で、
良い意味にも悪い意味にも
使われます。


ゴシップを含めて
騒ぎ立てられてるイメージを
うまく表現しています。


そして、”telegenic”。


photogenic「フォトジェニック」
って言葉、
よく聞きませんか?


「写真映えする」って意味で、
いわゆる「インスタ映え」も
これで表現できます。


“telegenic”は「テレビ映えする」
ですね。


進次郎氏のイケメンぶりと、
アイドル性を上手く表現しているな〜と。



で、こちらは海外メディアではなく、
日経メディアの英語記事ですが・・・


The Japan Times
↓↓↓
Rising Japan political star Shinjiro Koizumi and Christel ‘omotenashi’ Takigawa to marry, with baby on way

記事元:%url3%(https://www.japantimes.co.jp/news/2019/08/07/national/shinjiro-koizumi-christel-takigawa-marriage/#.XVIRii3AOqQ)


“Rising Japan political star Shinjiro Koizumi”

のように、

rising star「人気急上昇中の」
と表現していたり、

Christel ‘omotenashi’ Takigawa

と、「おもてなし」を
滝クリのミドルネームに
してみたり^^


Nikkei Asian Review
↓↓↓
Japanese political up-and-comer Shinjiro Koizumi to marry TV host

記事元:%url4%(https://asia.nikkei.com/Politics/Japanese-political-up-and-comer-Shinjiro-Koizumi-to-marry-TV-host)


こちらは、進次郎氏を

“up-and-comer”「有望株・出世頭」

などと表現しています。



ニュースの見出しを見て、
人は記事を読むかどうか決める

ぐらい、
とても重要なものですから、

各社とも表現に工夫が
されていて、興味深いです。


記事の中身も、
読んでいくと面白いですよ^^


この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です