英語コーチMAKI(オンライン講座)

モチベーションを上げるために最近の私がやってるタスク管理術

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

昨日は、


「モチベーションが上がらない。どうすればいい?」


について、私の考えをお伝えしました。



その最も効果的な方法としては、



そもそも、モチベーションに依存しないで
学習できる状態を作る


つまり


モチベーションが上がらなくても英語の勉強ができる

その仕組み(または、仕掛け)を作っておくこと!


これが、もっとも効果的なです。


(参考:英語の勉強するモチベーションが上がらないときはどうすればいい?


その仕組み(仕掛け)のうち、とくに最近の私が毎日欠かさずやっていることで、

サクッと5分で実践できるのに効果的な方法

をシェアしたいと思います。


それは、


To Doリストでストラックアウト!


です。



???


あなたの頭の中はこんな感じ?


それとも、なんとなくイメージ湧きました?^^




ストラックアウトってご存知でしょうか?



テレビ番組でもよく見かけますが、

9マスのボードを野球ボールとかサッカーボールで打ち抜いていく、アレです。



スポーツ系のバラエティ番組で、よく野球選手とかサッカー選手とか、はたまたテニスプレイヤーとか、チャレンジしてますよね。



視聴者として見ていて楽しいし^^


チャレンジしてる本人たちも、プレッシャー感じつつも楽しそうじゃないですか?(笑)



私ね、コレで、To Doリストを作ってるんです。



ん?
どうやって?

と思われた方のために、


ちょっと詳しくお話ししますね。



やり方は、簡単です。


①A4の紙を用意する。

②縦に3等分、横に3等分して9マスに分ける。


③1マスに1個、

その日にやるべきこと、やりたいことを書いていく。


これが準備編。


ちなみに、やることが多すぎて9マスで足りない人は、

4等分×4等分の16等分にしても。


でも、英語学習では、9マスあれば十分です。



で、やったタスクは、

×なり、◎を、赤色でつけてつぶしていく(ストラックアウト)

わけです。



これね、快感ですよ!

ストラックアウトする瞬間が!


全部ストラックアウトできたら、

自分にちょっとしたご褒美を用意しておく

と、なお楽しいです。



それに、やるべきことって書いておかないと忘れたり、後回しにしちゃうじゃないですか?


とくに、人は、緊急なものはすぐやるけれど、重要なこと(だけど緊急性が無いもの)は後回しにしがちだそうです。



緊急ではないけど重要なことを念のため書いておくことで、後回しにするクセが随分減らせます。


だって、ストラックアウトしたいんだもの!(笑)


潰していないマスがあると、ストラックアウトしておきたくなるんです^^




私がどんな感じで、ストラックアウトをやってるのか、実物を見て詳しく知りたい方は、もし私に会える方は、直接、聞いてくださいね!



これ、昨日のお悩みの張本人で「モチベーションが上がらない・・・」と悩んでいたクライアント、Kさんに
実物をお見せしたら、


「それ、いい!やってみます!」


と、意気揚々でセッションを終えられました。

そして翌日、Kさんからさっそくメッセージがありました!

「こんにちは😃

マキ先生のおかげで、また前向きになれました。

昨日から精読を始めましたし、シャド―イングも少しずつするようにしています。」


Kさんモチベーション維持にどんな変化があるのか、これも楽しみです。

この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です