英語コーチMAKI(オンライン講座)

TOEIC600点をとるための勉強法(&おすすめ参考書5選)

WRITER
 
toeic,勉強法
この記事を書いている人 - WRITER -
英語コーチ 兼 英語トレーナー。オンライン(スカイプ・電話)で英語コーチングプログラムを提供しています。また、那覇教室にて子ども・学生・大人の方に英会話レッスンや英語の授業を実施しています。

「TOEIC600点を取るには、どんな勉強法をすればいい?」

「TOEIC600点を取るための、効果的な教材(参考書・問題集)は?」

もし、あなたがこのような疑問やお悩みをお持ちであれば、この記事があなたのお役に立てるはずです。

この記事を読んでいただくことで、得られる情報は次の通りです。

  • TOEIC 600点のレベルとは?
  • TOEIC 600点を取るのに必要な勉強時間は?
  • TOEIC 600点に到達するために効果的な勉強法とは
  • TOEIC 600点台に達するためのおすすめの参考書

それでは、さっそく順に見ていきましょう!

TOEIC 600点のレベルとは

TOEIC 600点は、中学・高校と一通り英語を勉強してきて英語の基礎力は身についている方が、TOEICを受けるときにまず目標にすると良いです。

いま、400点台〜500点台の英語学習者は、いきなり700点や800点などの高得点を目指した学習方法を取らずに、まずは

TOEIC 600点

を目標にすることをおすすめします。

このTOEIC600点を目指す学習を通して、英語力の土台となる基礎力を身につけることができ、今後のスコアアップを土台として支えてくれるからです。

ではまず、TOEIC 600点というのは、どんなレベル感なのかについて見ていきましょう。

 

TOEIC受験者の平均点との比較


TOEIC 600点のレベルを理解していただくために、TOEIC受験者のスコアの中での位置付けを確認しましょう。

以下の表は、日本におけるTOEIC受験者の平均点を表しています。


(引用元:TOEIC Program DATA&ANALYSIS

これを見てわかるように、TOEIC受験者の平均スコアは580点です。

したがって、TOEIC600点はTOEIC受験者の平均点より少し高い点数ということになります。

 

TOEICの点数を英検に換算すると、600点のレベルは?

TOEIC600点という点数は英検で何級に該当するのかについてみていきたいと思います。

まず、以下に英検の級をTOEICの点数に換算したデータがあります。

  英検 TOEIC

級/

スコア

5級 346
4級 343
3級 377
準2級 402
2級 527
準1級 713
1級が 955

(参照:TOEIC Program Data&Analysis 2014より管理人が作成)

これを見ると、TOEIC600点は、英検2級〜準1級の間に位置することがおわかりいただけるかと思います。

ただし、英検とTOEICでは問題傾向が大きく異なりますし、

英検が、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4技能を審査するものに対して、TOEICは、リスニング・リーディングの2技能のみの試験ですから、一概に比べることはできません。

しかし、TOEIC 600点の学習者がその英語レベルで英検を受けたと仮定すると、「英検2級は受かるけれど準1級はまだ合格しない」ぐらいとおおよそ考えることができます。

TOEIC 600点はどんな英語力をもっている?

 

TOEIC 600点の英語力はどんなものでしょうか?

下の表は、TOEICのスコアを英語の実用レベルに換算したものです。

(引用元:TOEICスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表

これを見ると、TOEIC 600点は「日常生活レベルのニーズを充足でき、業務上では限定された通常会話の範囲内でコミュニケーションができる英語レベル」と考えてよいでしょう。

また、TOEIC 600点は基本的な文法・構文は身についており、自己の意思を伝える語彙を備えている、すなわち、英語力の基礎・土台はできている状態といえます。

英語レベルを一言で言うと、TOEIC300点前後が「初心者」レベル、TOEIC500点前後が「初中級」レベルとして、TOEIC600点は「中級者」レベルといったイメージです。

TOEIC600点は、中学範囲の基本的な単語と中学英文法をしっかり理解できており、日常生活に即した内容の長文が読めるのであれば達成可能です。

ただし、基本単語と英文法を使って、ゆっくりであれば英会話コミュニケーションも可能でしょう。

TOEIC試験では、長文読解も複雑なものを除いて大意がつかめる、リスニングは長いものは難しいけれども、短文なら聞き取れるものがある、といった感じです。

 

TOEIC 600点は履歴書に書いていい?


「TOEICの点数は履歴書には何点から書けるの?」という質問をいただくことが多いです。

そこで、TOEIC600点という点数と履歴書の関係についてお話します。

たとえば、よく聞かれる、

「TOEIC600点は履歴書に書いて良い?書くべきではない?」

という質問について、私の率直な回答を述べると、

「履歴書に書いていい最低スコアがTOEIC600点」

です。

ビジネスでのTOEIC スコアの目安として、英語を使って業務ができる最低限の水準がTOEIC 600点だと考えられています。

逆に600点未満は履歴書に書くべきではないという暗黙の了解があります。

日本の大学生のTOEICの平均点がおよそ450点ですから、平均的な大学生は「英語が満足に使えない」と見なされています。

だからこそ、履歴書に書ける最低スコアとして、600点という基準を設けている企業が少なくありません。

 

ただし、これは主に日系企業の話。

高い英語レベルが要求される外資系企業や日系でも業務で英語をバリバリ使う貿易商社などでは、TOEIC600点は使えないレベルと見なされかねません。

実際、私は外資系コンサルティング企業に転職活動をしたことがあるのですが、最終面接でTOEICの点数を聞かれ、740点と答えると「その英語力では業務には厳しいね」と言われました(で、落とされました^^)

ですが、一般的な多くの企業では、TOEIC 600点は英語力の証明として機能します。

TOEIC受験者の平均スコアがおよそ580点なのですから、TOEIC600点であれば、「平均以上の英語レベル」ということになりますよね。

では、TOEIC600点を持っていたら、業務上で仮に英語が必要になった時に最低限のコミュニケーションはできると認識されます。

ですから、TOEICの点数を履歴書やエントリーシートに書きたいということであれば、まずはTOEIC600点を取り、堂々と履歴書で英語力をアピールしましょう。

 

TOEIC 600点を取るために必要な勉強時間


では、TOEIC600点を取るためにはどれぐらい勉強すればいいのか、イメージしやすいようTOEICの点数アップに必要な勉強時間の目安から見ていきましょう。

TOEIC 1点のスコアアップに必要な時間は?

TOEICの点数を1点アップさせるのに必要な勉強時間はどれぐらいだと思いますか?

おおよその目安として

TOEIC 1点=3時間

と言われています。

つまりTOEICの点数を1点アップさせるのに、3時間の学習時間が必要だと言われています。

すなわち、TOEICの点数を100点アップさせるのに、300時間の学習時間が必要だという計算になります。

 

ただし、これはあくまで目安の数字。

実際に、TOEIC300点から1点アップさせるのと、TOEIC700点から1点アップさせるのとでは、明らかに前者のほうが易しく、後者の方が難しくて時間がかかるというものです。

TOEIC 400点、500点から600点にアップするには?

では、TOEIC 600点を達成するのに必要な学習時間をもう少し具体的に見ていきましょう。

以下の表は、TOEICの点数をCurrent Score(=現時点のスコア)からTarget Score(目標スコア)に上げるのに何時間の学習時間が必要かというデータです。

 

この表の見方ですが、たとえば、いまのTOEICのスコアが450の人が650点をとるためには、450時間必要だという計算になります。

ですので、これをもとにTOEIC 600点をとるために必要な学習時間、そして日数をざっくり考えてみます。

 

いまTOEICスコアが400点ならば、600点をとるには450時間が必要。

・1日に3時間勉強するなら、150日間(5ヶ月)で達成可能。

・1日に2時間勉強するなら、225日間(7ヶ月半)で達成可能。

・1日に1時間勉強するなら、450日間(1年3ヶ月)で達成可能。

いまTOEICスコアが500点ならば、600点をとるには225時間が必要。

・1日に3時間勉強するなら、75日間(2ヶ月半)で達成可能。

・1日に2時間勉強するなら、112日間(3ヶ月半)で達成可能。

・1日に1時間勉強するなら、225日間(7ヶ月半)で達成可能。

ということになります。

しかし、この数字(必要な学習時間と日数)は効率の良い学習方法を実行したり勉強の密度(集中度)を上げることで短縮できますし、逆に、効率の悪い学習方法を実行したり学習の密度(集中度)が下がれば長期化してしまいます。

 

TOEIC 600点をめざす勉強法


それではこれより、TOEIC 600点を達成するための効率的かつ効果的な勉強法と、TOEIC600点をとるためのおすすめの参考書・問題集をご紹介していきます。

TOEIC600点のために身につけるべき英語力

TOEIC600点レベルといっても、その英語力(4技能:リスニング、リーディング、スピーキング、ライティング)はバラバラです。

大学受験のための英語の勉強をしっかり行ってきた大学生であれば、文法や長文読解力が定着しているので、リーディングで300点以上取れていて、一方でリスニングが300点以下というケースは少なくありません。

一方で、海外に留学した経験があり、現地で英語で触れてきた、でも英語を読むのは得意ではない、という方は、リスニングで点を稼いでいて、逆にリーディングで300点に満たないというパターンでしょう。

 

TOEIC600点未満の人は、次の2つのパターンに分けられます。

・英語の基本知識はほぼ身についている

・リスニングあるいは長文に不慣れである

 

そこで、TOEIC600点に到達するためには、2つのスキルを身につける必要があります。

一つは、TOEICという試験に対する受験力。TOEICの試験の傾向に慣れ、本番で時間内に集中して解き切る受験力です。

したがって、まずはTOEICという試験の全体像を知り、傾向と対策を学ぶことが必要です。

 

もう一つは、TOEIC 600点レベルの英語力です。

TOEIC 600点の英語力を身につけるためには、中学レベル+αの英語力と語彙力を身につけた上で、読解とリスニングに慣れていく必要があります。

 

TOEIC 600点をめざすリスニング対策

TOEIC 600点を目指す人は、まずPart1とPart2の両パートで正答率を高めることをお勧めします。

教材は公式問題集のリスニングパートを使います。

Part1は写真問題で、ウォーミングアップ的な位置付けの簡単な問題です。

TOEIC600点を達成するには、Part1は満点を取るようにしましょう。

もし、Part1の写真問題は、主語と動詞をしっかり聞き取ります。

Part1の聞き取れない音を把握し、聞き取れるまでCDを聞くこと、音の後に自分でも発音してみるということをやっていきます。

もしPart1が満点を取れない場合は、公式問題集のテスト1回分もしくは2回分のPart1でディクテーション(音を聞いて、文章を書き取る)をやっておきましょう。

Part2の短文応答問題は、前半はほぼ正答できるようにしましょう。

Part2も音源を聴きながら、声に出して繰り返したり、音源のスピードになるべく近いスピードで音読します。

すなわち、Part1とPart2を何度も繰り返し聞くとともに、自分でもスラスラ発音できるよう、繰り返し音読トレーニングをします。

Part2も、テスト1回分でディクテーションをやるのが効果的です。

ディクテーションをやってみて、英語の音を聞き取るのに難しさを感じているのであれば、発音の学習をします(発音の学習・トレーニングの参考書は後述します。)

Part3、Part4は問題文の大意を聞き取れるまで何度も聞きましょう。

まずは、各トピックの会話やアナウンスがどんな内容なのか、場所や状況などトピックの全体像を頭の中で描く、といったトレーニングが効果的です。

また、公式問題集のリスニングCDを使って、ポーズの間に設問を先読みする練習をしましょう。

TOEIC600点リーディング対策

TOEIC600点のリーディング対策では、まず文法の基礎固めと語彙対策を行います。

中学英語を中心とした英文法をしっかり理解しマスターしながらTOEIC対策本を使って理解を確認していきます。

Part5は、TOEIC600点を狙う学習者が最も力を入れるべきパートです。

Part5の品詞問題(文法)は確実に得点できるよう基本文法を固めましょう。

Part6、Part7は、TOEIC600点を狙う学習者は、時間内にすべて解くのは難しいですが、自分が解ける問題をできるだけ多く見つけそこにフォーカスして正答できるようにしましょう。

Part6は各問題文の最初の方の比較的易しい問題は、スピーディかつ確実に正答できるよう練習しましょう。

Part7は、語彙を増やすことで読みやすくなります。

語彙対策に取り組み、TOEICの頻出単語のインプットに努めましょう。

また、シングルパッセージを精読して、丁寧に英文解釈をしていくのも、TOEIC Part7に向けた読解力をつけるのに効果的です。

 

TOEIC 600点をとるためのおすすめ問題集・参考書

 

TOEICの全体像を知る参考書

こちらは、TOEICの単語帳の中でも大人気の「金のフレーズ」、通称「金フレ」の姉妹本で、金フレよりも基本的な語彙が網羅されています。 TOEIC600点に到達するためには、銀フレは完璧にしておきましょう。アプリで自己チェックをするのがオススメです。金フレは、TOEIC500点以下の方には難易度が高く、英語力の基礎レベルとして押さえておきたい単語が抜けているので、TOEIC500点目標の学習者にはこちらの、通称「銀フレ」をおすすめします。

TOEIC500点を超えている、あるいは「銀フレ」をざっと見て「簡単すぎる」と思われるなら、むしろ「金フレ」に取り組んでもOK

TOEIC600点〜を目標とする学習者をターゲットにしています。600点レベル(助走の400語)の部分をまずはしっかり覚えましょう。

TOEIC 600点へのリスニング対策

 

『英語耳』

リスニングが伸び悩む原因の一つが、

英語の「音」が聞き取れない

というもの。

TOEIC 600点を取るためのリスニング対策として、まずは、英語の「音」を聞く耳を作ることをおすすめします。

実際に、英語の正しい音を発音できるようにトレーニングしながら、英語の音を正しく聞き取れる「英語耳」を初期のうちにつけておくことで、リスニング力をどんどん伸ばしていくことができます。

TOEIC 600点への長文対策

Part7が読めない、あるいは単語を頼りに「なんとなく読んでいる」という学習者は、英文の構造を理解する英文解釈のトレーニングをしておくことをおすすめします。

『英文読解入門基本はここだ!』

 
 

この記事を書いている人 - WRITER -
英語コーチ 兼 英語トレーナー。オンライン(スカイプ・電話)で英語コーチングプログラムを提供しています。また、那覇教室にて子ども・学生・大人の方に英会話レッスンや英語の授業を実施しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です