英語コーチMAKI(オンライン講座)

歓送迎会、英語でなんて言う?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

もうすぐ新年度ですね!

社会人のみなさまは、歓送迎会シーズンですね!
(社会人でなくても??)

今日は、この「歓送迎会」の英語表現を考えてみましょう。

そもそも、「歓送迎会」というのは、「歓迎会」と「送迎会」が一緒になったものですよね?

ですから、「歓迎会」と「送迎会」、それぞれの英語表現から考えてみましょう。

歓迎会=Welcome Party
送迎会=Farewell Party

welcome は、みなさんよくご存知でしょう。
動詞・形容詞・名詞で「歓迎(する)」と使ったり、掛け声で「ようこそ!」。

farewellは、形容詞や名詞で「別れ(の)」という意味ですが、「ごきげんよう!」と挨拶的に使えます。

そして、

「歓送迎会」=「歓迎会」+「送迎会」

というわけで、歓送迎会は、

Farewell and Welcome Party
Welcome and Farewell Party


どちらが先でもOK!

ま、英語では重要な方を先に置く傾向がありますので、
場合により使い分けるとベター!

こじんまりとした会なら、PartyをMeetingと表現してもOKですよ♪

この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です