英語コーチMAKI(オンライン講座)

格差社会って英語で何という?広がる・埋めるは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

格差社会と言われて久しい今日。

巷ではこのテーマを扱った「ピケティ本」が
売れに売れまくってる…とか?!^^

さて今日は、この「格差」、

gap 

に関する英語表現を少しレビューしてみましょう♪

そもそも格差社会ってなんて言うんでしょうね?
the Gap Society ??

ん~、、、間違いではないんですが、
それだけだと、初めて聞いた人は、ん?どゆこと?
と思いそうなので、「格差社会」とはなんぞやってのがわかる表現にしたいですね。

順を追って考えてみましょう。

「貧富の差」は、the gap between the rich and the poor

「格差が広がる」は、the gap widens / the gap expands

などなど。

まぁ、格差社会に相当するこれ!という英語表現はなく、
識者によって様々な表現があるようです。

そこで、書籍(英語原本)などを見渡してみて、「格差社会」の英語表現は、

Gap-Widening society

とうのが、ワタシ的には、簡潔な表現だと思います。

ちなみに、格差を是正する(埋める)と言いたい場合は、

fill the gap

となります。

今後、スピーチや自由英作文の課題となりそうなので、一通り自分の意見が言えるようしておいたほうがいいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です