英語コーチMAKI(オンライン講座)

就業形態(正社員vsパート)に関する英語表現

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

スピーチ・ライティングネタのキーワードです。
今日は、就業形態(Employment formats)についてです。

国家の経済力を高めるために、あるいは」企業の業績を上げるために、

正社員を増やすのがいいのか、
パート社員や派遣社員を増やすのがいいのか、

意見が分かれるところです。

フルタイム VS パートタイム 
というテーマで賛否の意見を堂々と述べられるように
まずは、関連語を把握しておきましょう!

フルタイム就業 fulltime work
パート就業 part-time work

正社員 a fulltime worker/a contract employee
パート社員 a part-time worker
派遣社員 temporary(temp) staff

フルタイムを増やすべき!という意見では、
以下のような表現がキーワードとして使えますね。

勤労意欲 work ethics
会社への忠誠心 loyalty/commitment to the company
責任感 responsibility

福利厚生 benefit(s) package
企業年金制度 campany pension scheme
病気休暇 sickness leave
出産・育児休暇 maternity/childcare leave

一方、パートタイムのほうが良いという意見では、
以下のようなキーワードが使えるかと思います。

シフト制 a shift system
職業選択 career choices
幅広い経験 broader(wider) experiences

賛否、どちらの意見でも話せるよう、練習してみましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です