エンブレムとは?”emblem”と”Symbol”の違いは?

おかえり,ただいま,英語

東京五輪2020のエンブレムが正式に決定しましたね。

この「エンブレム」という言葉自体、今回の一連の五輪エンブレム騒動でよく知られるようになったのではないでしょうか?

「エンブレム」は英語表記すると、”emblem“ですが、

今日は、この”emblem”の意味や使い方について考え、自分の英語にしちゃいましょう!

emblem は英和辞典などでは、 「象徴」「紋章」「図案」という意味になっています。

「象徴」といえば、”symbol“という単語が思いつくのではないでしょうか?

実は、”emblem”と”symbol”は、日本のみならず英語圏でも混同して使われがちですが、厳密には区別があります。

“emblem”は、特定の人・物・観念を表すのに使われる紋章や図案のことです。
“emblem”には、確かに「象徴」という意味ではありますが、「(何かを象徴するための)記章・図案」として使われるのが一般的です。

それに対し、 “symbol”は、ある物や事を別の物や事によって代用して表すこと です。
“symbol”は、第一義的に「象徴」という意味で、必ずしも図案・イメージではありません。

「天皇は日本の象徴」とされていますが、この場合は”symbol”となります。

分かりづらいですか?

ちょっと例をあげましょう。

エンブレムとシンボルの違い

国旗と国章について考えてみます。

国旗”National Flag”は国のシンボルです。

それに対し、国章”National Emblem” というのも存在します。文字通り、エンブレムです。

動物や植物などを交えて描かれることが多いです。

日本にも国章”National Emblem”があるんですよ。

分かりますか?

そう、アレです。

パスポートの表紙に描かれている十六一重表菊です。

十六一重表菊は法令化されているわけではありませんが、ナショナル・エンブレムとして位置付けられています。

“emnlem”には、他にも”School Emblem”(校章)や”Company Emblem”(社章)などがあります。

じゃあ、ロゴとエンブレムはどう違うの?

・・・という疑問が浮かんできそうですが、長くなりそうなので・・・近いうちにまた別記事で!^^

関連記事

  1. おかえり,ただいま,英語

    引っ越しにまつわる英語表現

  2. おかえり,ただいま,英語

    I’ve got…と I have&…

  3. こどもの日(端午の節句)を英語で説明しよう!

  4. 英語塾,那覇,首里,春季講習

    <貸す・借りる>borrow, lend, rent, hi…

  5. おかえり,ただいま,英語

    「久しぶり」は英語で何という?

  6. おかえり,ただいま,英語

    「花粉症でくしゃみが止まらない」を英語で言うと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ

英会話レッスンのお問い合わせ