I’ve got…と I have…の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
おかえり,ただいま,英語

“I’ve got…”という表現、日本の受験英語では見かけることは少ないのですが、ネイティブでの日常英会話ではよく出てくる表現です。

ネイティブは「私は~を持っている」ということを伝えるときに、この“I’ve got…”をよく使います。

では、私たち日本人は、「私は~を持っている」というときには、“I have…”を思い浮かべるはず・・・。

今日のトピックは、この”I’ve got…”という表現についてです。

先ほど申しました通り、

“I’ve got…(名詞)” は、「私は~を持っている」

という意味になります。

I’ve gotは、I have gotの短縮形です。

文法的には「現在完了」の形をしていますが、現在完了の訳し方にする必要はありません。

“I have…”と同じ「~を持っている」という意味になります。

では、、”I’ve got…”と”I have…”に違いはあるのでしょうか?

基本的に、“I’ve got…”と”I have…”では、意味やニュアンスに違いはありません。

ただし、繰り返しや習慣的な物事に対しては、”I’ve got”よりも”I have”が使われる傾向にあります。

◎ I’ve got headahe today.
(今日は頭痛がするんです。)
◎ I often have headhache.
(私は頭痛がすることがよくあります。)
△ I’ve often got headhache.

◎ I don’t usually have beer at home.
△ I haven’t usually got beer at home.
(私はふつう家ではビールを飲みません。)

また、I’ve got…は、主に会話の中で使われることが多く、フォーマルなドキュメント(文書)などでは、”I have…”が使われます。

なお、I’ve got…を使うときには、主語が代名詞のときにはI’ve got…, She’s got…と短縮形にするのが普通です。

否定文のときは、haven’t, hasn’tのほうを短縮形にします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MAKI英語コーチ/英会話講師

投稿者プロフィール

東京大学卒
英国ケンブリッジ大認定英語教師(CELTA取得)
学習塾や英会話スクール、大学受験予備校などでの指導をへて、
現在、英会話スクール Lifework(ライフワーク)代表・講師

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

よろしければ応援クリックお願いします。 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

ブログランキング
ページ上部へ戻る