「見る」の英語、look/see/watch の違い

 
英語塾,那覇,中学生,高校受験

この記事を書いている人 - WRITER -


英語コーチ/英語トレーナー。オンライン(スカイプ・電話)と那覇教室にて英語学習のコーチングおよび、英会話を教えています。くわしいプロフィールはコチラ

MAKI

見る」を英語で表現するときには、実に多くの単語があります。

なかでも、日常会話でよく使う、lookとseeとwatchの違いと使い分けについて
今日はおさらいしておきましょう。

look意識的に視線を向ける、注意して見る

see意識しなくても自然と目に入る

watch目で追って観察する、(テレビ・ゲームなど)を鑑賞・観戦する

look自動詞「みる」。「~を見る」とするには、look at とします。

seewatch他動詞「~をみる」ですので、直接目的語をとります。

Look at that picture! 「あの絵を見て!」

At night, we can see beautiful stars in the sky.
「夜には空に美しい星を見ることができます。」

I watch TV every night.
「私は毎晩テレビを見ます。」

外にも、

glance (at) 「ちらりと見る」

stare (at) 「じろじろ見る」

gaze (at) 「凝視する」

など、「見る」という単語ひとつとっても、英語には
使い方やシーンによってたくさんボキャブラリーは存在するのです。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Lifework School of English , 2015 All Rights Reserved.