英語コーチMAKI(オンライン講座)

hundred,thousand,millionは通常は複数形にならないが・・・

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

hundred や thousand, million などは、前に複数の数詞がきても
複数形にならない、つまり複数形の’s’はつかない
ことに注意が必要です。

× two hundreds books   ○ two hundred books

× three thousands birds ○ three thousand birds 

× five millions dollars ○ five million dollars

hundred や thousand, million などが複数形で使われる場合、
つまり、hundreds、thousands, millionsは「何百もの」「何千もの」や「何百万もの」といった表現になります。

hundreds of CDs「何百枚ものCD」
thousands of books「何千冊もの本」
millions of people「何百万もの人々」

hundred や thousand, million、billionなどを数詞とともに用いるときに
複数形の’s’をつけてしまうという間違い、よく見受けられます。
ご注意を!







この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です