英語コーチMAKI(オンライン講座)

通訳しました!/チャレンジするか迷ったときにおすすめ!な3つの価値観

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

目の前にチャンスがあっても
失敗を恐れてチャレンジできない



あなたには
こんな経験ありませんか?



できるかもしれない、
出来ないかもしれない、

チャンスが目の前にある!


成功したら達成感を感じるだろう

自分の成長にもなる、


それを乗り越えたら、

もっと飛躍できるチャンスにも
恵まれそう!



でも、、、、、

失敗したら、恥ずかしいかも・・・

上手くいかなかったら、
落ち込むだろうなぁ〜



今回わざわざチャレンジしなくても、
また別の機会があるよね・・・


といって、チャレンジすることに
躊躇し、結局やらない選択をする


といったこと、
今までにありませんでしたか?



よく、クライアントさんから聞く
英語でのチャレンジの機会だけでも・・・



駅で、道で、困っている外国人を
見かけて、

助けてあげたい、
って思ったけど、

自分の英語力に自信がなくて
話かけずに終わった、、、とか。



英語を使うプロジェクトに手を
挙げたいけれど、

失敗が怖くて、結局、
手を挙げられずに、チャンスを
どんどん逃してきた


などなど・・・



前回のメルマガで書きましたが、
わたし

先週末に通訳をしてきました。



通訳といっても、

小学校のイベントでの
簡易通訳なんですけどね。



簡易とはいえ、


普段、英語を教えてはいても、
あまりバリバリ話してはいないので、


うまくいくか不安だったし、
娘の前でのハレ(?)舞台、

実は、前夜から緊張していました。



で、実際にやってみて、
最初はスムーズに出来なくて、


出来栄えと満足度としては
60%ぐらい・・・反省点は
たくさんありました。



「あれ?私ってこんなもん??」

っていう自分への落胆もあたり、
プロっぽくできないのが恥ずかしく、


そのイベントの後、
午後には高校の大・同窓会もあるから


午前中のイベントでわざわざ
疲れる仕事を引き受けなくても・・・
(それもタダで・・・)


だから、事前には
「やらない」という選択肢も
ありました。


以前、何度か通訳やったけど、
難しくてストレス感じたし、、、


わざわざ、貴重な休日に

疲れること、
ストレスを要すること

やる必要なかったんじゃないか・・・


直前まで、ドキドキしながら
葛藤していました。


ま、手を挙げちゃったから
やらざるを得なかったんだけど・・・



で、結論として、

「やってよかった!!」

って思いました。


とても多くの学びや気づき
がありました。



自分自身の英語への課題も
見つかったし、


クライアントさんに
アドバイスとして還元できる
ポイントがたくさんありました。


というのも
今まさにクライアントさんの中に、

1年後に社内で通訳担当
をすることが決まっている方

がいるんです。



失敗するかもしれない、
恥を書くかもしれない、

そんなチャレンジは、
やらないほうが無難・・・

と尻込みして
結局やらない選択をしてしまう
そも気持ち、


すごくわかります。



でも、そのチャンスを逃すと、、

貴重な学びや成長の機会を
簡単に手放してしまうことに
なるんです。


本来ならあなたが享受すべき
ベネフィットを

みすみす他の人に渡してしまう
ことになります。




目の前のチャンスに対し、
チャレンジするかどうか迷ったときに、

わたしが大切にしているポイントが3つ
あるので、

今日は、それを
シェアしたいと思います。


その3つとは、


1.迷ったときは勇気のいる方
 を選択せよ

2. やった後悔より、
 やらない後悔の方が大きい

3. 失敗なんて存在しない、
 全ては学びだ




この考え方で、私は色んなチャレンジを
してきました。

私にとって、もっとも
大きなチャレンジの一つは、

フォトリーディングの創始者、
ポール・シーリー氏の通訳アテンドを

2週間みっちり
させていただいたことです。


著名な方の通訳は、かなり緊張したし
うまくいかなくて迷惑をかけて、

申し訳ない思いや恥ずかしい思いも
しました。


自分への自信を失いかけました。


しかし、その経験が、
今に至る、英語コーチとしての起業
につながっています。


痛みは恥を伴う行動は、
大きな学びと成長につながります。


「やってみようかな」と思ったら、
勇気のいる方を選択して、
一歩を踏み出してみませんか?


ちょっとした勇気が、

あなたの未来を大きく変えるかも
しれませんよ!

この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です