英語コーチMAKI(オンライン講座)

“Back to School”が実際に意味するところは??

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

“Back to School”

アメリカなどでは、

今頃のシーズンになると、

このフレーズをよく目にするようです。

この”Back to School”が意味するものは?

さて、今日で、いよいよ!

「夏休み」が終わります。

私の「夏休み」ではありません。

子どもたちの、です。

私は、自宅での仕事がメイン

なので

夏休みは、いつもと違う

忙しさでした…

上の2人の子どもが

1日中、家にいる!



仕事に集中できないっ!

なかなか進まない・・・

さすがにセッション中は気を遣って

部屋に入ってこない

彼女たちですが、

PC作業などをしていると

「まーまー!!」

と容赦なく邪魔してくるし、

姉妹で喧嘩したり、、、

とにかくうるさい(笑)

とはいえ、放置しておくと

テレビばっかり見てるわけで。

結局、仕事は中断するし、

ムダに疲れる毎日・・・

そうなると、

クライアントさんへの質問回答や

添削が遅れぎみで・・・

子どもの夏休みは、

親にとっての繁忙期・・・

そういえば、

「かあちゃんの夏休みは

いつなんだろう」

っていう、春日部駅の

クレヨンしんちゃんのポスターが

話題になっていますね^^

さて、そんな夏休みが終わる

この時期を表す英語表現があります。

それが

”Back to School”

アメリカでは、

このフレーズが

街のあちこちや広告に

あふれます。

”Back to School”

の意味は、

「新学期」

です。

で、

アメリカの街の

あちこちで

”Back to School”

と表記されているものは

「新学期セール」

を意味しているんです。

これは、アメリカの新学年が

9月スタート

であるから。

要するに、

「新学期用品セール」ですね。

ちなみに、

”Back to School”のセールは、

クリスマスセールに次ぐ規模の

バーゲンセールらしいですよ^^

ところで、この

Back to Schoolは、

必ずしも新学期セールのみを

意味するのではなく、

”Back to School+名詞”

の形で、

「新学期の〇〇」

と様々な使い回しができる

便利な熟語なのです。

例えば、

back-to-school season

新学期シーズン

back-to-school shopping

back-to-school buying

新学期のための買い物

back-to-school atmosphere

新学期の雰囲気

back-to-school merchandise

新学期用品

back-to-school bills

新学期の授業料

 

文字通りの、

Back to School!!

「はよ、学校もどれ〜!」

という意味ではないんですよ 

↑ああ、、私の心の声がつい、、、笑

大人になって夏になると

思い出すのが、

ミスチルの「光の射す方へ」という曲の

歌詞の一節。

********************************

母親がいつか

愚痴る様に言った

「夏休みのある

小学校時代に帰りたい」

********************************

学生時代はあまり

ピンと来なかったんだけど、

今は激しく同意!!

この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です