2018/03/14

パラリンピックのパラの意味は?接頭辞”para”

 

この記事を書いている人 - WRITER -


英語コーチ/英語トレーナー。オンライン(スカイプ・電話)と那覇教室にて英語学習のコーチングおよび、英会話を教えています。くわしいプロフィールはコチラ

MAKI

オリンピックは終わってしまいましたが、平昌では今まさに、パラリンピックが開催されています!

パラリンピックは、正式名称を“Paralympic Games”といいますが、この“Paralympic”という言葉、

“Para” + “Olympic”

の造語であることは想像に難くないと思います。


ですが、

この「パラ」=”para”って何だろう?

と思ったことありませんか?


“para”は、英単語における主な接頭辞の一つでもあります。

※「接頭辞」とは、頭に付くことで特定の意味を与える役割をもつ、単語の要素です。

例えば、

parasol(パラソル)、

paragraph(パラグラフ=段落)、

paralegal(パラリーガル)など・・・


日本語になっている言葉だけでも幾つか思いつくかと思います。


今日は”paralympic”の、”para”とは一体どういう意味なのか?

“para”の由来や解釈についてご説明したいと思います。


そして、これを機に、接頭辞”para”の意味を理解しておくと、接頭辞”para”を含んだ単語を覚えるときにも役立ちますよ。


元来は”Paraplegic”+”Olympic”

“Paralympic Games”の元々の語源は、

“Paraplegia”+”Olympic”

の造語であったとされています。

Paraplegiaとは、主に

脊椎の損傷によって起こる下半身の麻痺

のことを言います。

そもそも、パラリンピック大会の起源は、1948年のロンドンオリンピック開会式と同じ日に、イギリスのストーク・マンデビル病院で行われた「ストーク・マンデビル競技大会」とされています。

この競技大会では、第二次世界大戦で負傷した兵士たちのリハビリテーションとして「手術よりスポーツを」の理念で始められました。

この病院には、かの戦争で脊髄を損傷した入院患者のためのリハビリ施設があり、競技者は、車椅子の患者、その多くは“Paraplegia”、すなわち脊椎損傷による麻痺を抱えた患者でした。

この「ストーク・マンデビル競技大会」は毎年行われ、1952年に国際大会になりました。

IPC(=International Paralympic Committee、国際パラリンピック委員会)によると、“Paralympic”の表記が最初に確認されたのは、1953年のイギリスの新聞の見出しだそうです。

ただし、その後、大会が”Paralympic”という名で呼ばれるようになったのは、1960年。

この年のオリンピックが開催されたローマで、第9回国際ストーク・マンデビル競技大会が開催され、この大会が、今では「第1回パラリンピック」と呼ばれています。


公式の定義は”Parallel”+”Olympic”

実は、パラリンピック(Paralympic Game)が現在のようなオリンピックと同時開催となったのは、わりと新しい話で、1988年のソウルオリンピックなんです。

当初は、下半身不随の車椅子使用者を対象としたパラリンピックも、次第に障害の対象を広げ、“Paraplegic”(下半身不随)+”Olympic”から実態が離れていたため、

IOC(国際オリンピック委員会)が”Paralympic”の解釈を

ギリシャ語由来の「平行の」を意味する接頭語、

“para”にちなむ大会であるとしました。

つまり、

“a competition held in parallel with the Olympic Games”

(オリンピック大会と並行して開催する大会)

としたのです。

こうして、パラリンピックは

“Para”(平行の)+”Olympic”

いうなれば「もう一つのオリンピック」という位置づけになったのですね。

接頭語”para-“の意味は?


接頭語、”para-“の意味はいくつかあるのですが、大別すると、語源により2種類あります。

一つは、ギリシャ語の”para”で、beside, near, fromなど「~の近く」といった意味になります。

もう一つは、ラテン語の parare 「準備する、遮る」の意味です。

前者の例としては、parallel「平行な」、paralegal「パラリーガル」などですね。

後者の例としては、parasol「パラソル、日傘」です。

ちなみに、”para-後に母音が続く場合は par- となります。


「身体障がいしゃ者」を英語で?


パラリンピック出場の対象者は、身体に何らかの障がいを抱えている方、いわゆる「身体障がい者」ですが・・・

この「身体障害者」は英語では、一般的に

a disabled person

a person with a disability

と言います。

disabledは、able(~することができる)の派生語で

ableに「反対」の意味の接頭辞がついた形です。


例えば、イギリスなどで「身体障害者用トイレ」は

“toilets for the disabled”

と表示されています。


「身体障害者」は、

a (physically) handicapped person

という表現もできますが、現在では不適切な表現とみなされています。


一方、近年では婉曲的(遠まわし)な表現として、

a physically challenged person

a person with different abilities

といった呼び方が好まれて使われたりもします。