fbpx

株式会社e-LIFEWORK

オーバーラッピングとは?やり方とメリット

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

オーバーラッピングとは、音読の一種で、英語の音声を流し、文字を見ながら一緒に声に出して読むやり方です。

オーバーラッピングについて、動画でサクッと理解したいからはこちら↓

 

オーバーラッピングは、「over(上方に)+wrap(包む・覆う)」で、一般的には、英文スクリプトを見ながら、英語の音声と同時に、発話するトレーニングです。

具体的に言うと、テキストを見ながら、音声と同時に音声と合唱するかのごとく、音読していきます。

このときに、音源の発音・リズム・強弱をしっかり真似するようにします。

オーバーラッピングをすることにより、次のようなメリットがあります。

  • 発音・イントネーション・リズムを身につけることができる
  • 目と耳と口を同時に使うことで反射神経を高める
  • 英文を自然に&流暢に読める
  • スピードの速い英語に口が慣れてくる、耳が慣れてくる
  • リスニング力アップ

オーバーラッピングは、シャドーイングが難しいと言う方にもおすすめです。

シャドーイングは、リスニング力アップには効果的なのですが、シャドーイングに慣れていない学習者さんには難しく、挫折しがちです。

オーバーラッピングは、シャドーイングへの橋渡し的な位置付けで取り組むのもいいでしょう。

オーバーラッピングに使う英文は、短い文章でも長文でもOKです。

オーバーラッピングに慣れてきたら、棒読みにならないように、意味を考えながら感情を込めて読んでいくとより効果的です。

私たちが、(日本語でも)歌を歌ったり、歌詞をおぼえるときに、意味を理解し感情を込めた方が上手に歌えるのと似ていますね。

この記事を書いている人 - WRITER -
3ヶ月で必ず目標達成をさせる英語コーチ。オンライン(Zoom)で英語コーチングプログラムを提供。世界でもっとも認知度の高い国際的英語指導資格(ケンブリッジCELTA)を持地、1000人以上の英語指導経験から、お一人お一人にあった英語学習戦略を組み立て、徹底サポート。自身が「英語が話せない」「TOEIC490点」「長い英語コンプレックス」という状態から、ほぼ独学で、TOEIC960点、英検1級、通訳・翻訳をこなすスピーキング力を身につけた逆転の女王(笑)なので、「英語が苦手!嫌い!」という学習者の気持ちが痛〜いほどよくわかる!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です