英語コーチMAKI(オンライン講座)

TOEIC、英検、TOEFLの試験時間、試験内容を比較!

日本で有名な英語試験を3つ挙げるとなると、TOEIC、英検、TOEFLがすぐに思いつくと思います。英語試験という面では上記3つは同じですが、試験内容や受験する目的は大きく異なります。今回の記事では上記3つの試験の比較を通して、TOEICがどのような試験なのか解説していきますので、TOEICに興味がある方はぜひご参考になさってください。

試験時間で比較!

試験時間で比較!

TOEICの試験時間は、リスニングが45分、リーディングが75分の計120分となっています。英検の試験時間は級によって異なり、3級以上は一次試験と二次試験に分かれています。1級の試験時間は、筆記が100分、リスニングが30分、スピーキングが10分の計140分です。

TOEFLの試験時間はリーディングが100分、リスニングが50分、スピーキングが10分、ライティングが50分の計210分となっています。試験時間だけで比較すると、TOEICが最も試験時間が短い英語テストになります。


試験内容で比較!

試験内容で比較!

TOEICの試験内容は、ビジネス英語に特化しています。ビジネスにおいて必要とされる語彙や文法、リスニングを満遍なく出題しており、自分がビジネス世界においてどれくらいの英語力なのか測ることができます。

リスニングセクションが4つ、リーディングセクションが4つの計200問を2時間で回答しなければいけないため、回答するスピードが攻略のカギになります。英検の試験内容は、一般語彙に特化しています。ボキャブラリーが広く浅くマスターできていることが合格のカギとなります。

TOEFLの試験内容は、学術用語に特化しています。もともと英語圏への留学希望者向けに作られており、アカデミックな語彙が出題されるため、高い英語能力が求められます。また、ライティングやスピーキングといった項目もあるため、総合的に高い英語能力を測ることができます。

試験内容で比較すると、それぞれ特化している項目が異なることがよくわかると思います。よって、ビジネス英語の習得を目指す方はTOEICを受験すべきなのです。


TOEICは日本の英語試験の中でビジネス英語に特化しています。そのためビジネスの世界においては非常に重視され、海外で働きたい場合には高得点が求められます。

TOEICはコツをつかむことで点数を大きく伸ばすことができます。TOEICの点数を効率よく伸ばしたい方は、英語スクール・英語コーチングがおすすめです。

Lifework School of Englishでは、対面(沖縄県内)・テレビ電話(スカイプ・Zoom)・電話で英語コーチングを行っています。もし、興味がありましたら、まずは個別説明会・体験コーチングにご参加ください。

今の自分の英語力や学習方法の問題点、実際のコーチングの流れについても知る機会にもなります。コーチング料金については、セッションの内容や回数などで変わってくるため、まずはお問い合わせください。






TOEICで高得点を目指すなら英語コーチングがおすすめ!

サイト名 3ヶ月でほしい英語力を手に入れる独学英語勉強法 – 英語コーチング –
販売者名 川崎 真希
お問い合わせURL https://e-lifework.com/about/contact-3/
URL http://e-lifework.com