英語コーチMAKI(オンライン講座)

TOEICに関する3つの疑問を解決して試験にチャレンジしよう!資格対策はオンライン講座がおすすめ!

TOEICは日本人によって作られ、日本では非常に価値の高い英語試験です。社会人になってから受験する人も多く、ビジネス英語の実力を知るために重要なテストになっています。今回はそんなTOEICに関して、何才まで受けられるのか、自己採点を行う必要性はあるのか、自己採点はどのように行えばいいのかを解説していきます。

TOEICは何歳から受けられる?

TOEICは何歳から受けられる?

TOEICには年齢制限があるのでしょうか?英語試験の中には年齢制限があるものも多数ありますが、TOEICに関しては年齢制限はなく、申し込み、料金を支払えば誰でも受験することができます。

月に1回程度は実施されており、何回でもチャレンジすることができます。TOEICはビジネス英語に特化していることから、20代前半の方が最も多く受験しているのも大きな特徴だと言えるでしょう。

TOEICは年齢制限がなく何回も受験できるため、定期的に自分の英語力がどの程度なのか把握するために活用するべきテストなのです。


TOEIC試験後の自己採点の必要性

TOEIC試験後の自己採点の必要性

TOEICは問題用紙を回収されてしまうため、試験を受けたら自己採点をせずに終わってしまう人が多いと思います。しかし、それではせっかくの英語上達の機会を逃しており、自己採点を行う必要性があります。

TOEICの試験後には、回答速報がインターネットで閲覧できるようになっています。試験後すぐの状態であれば、問題用紙がなくても問題を覚えていると思うので、できるだけ早く自己採点を行うようにしましょう。

答え合わせを行い、自分が間違った箇所や理解できなかったところをしっかり復習することで、確実に英語力は身につきます。せっかくのチャンスを逃さないためにも、自己採点をしっかり行いましょう。


TOEIC自己採点のやり方

TOEICの自己採点を行うためにまずは配点について知りましょう。TOEICはリーディング495点、リスニング495点の990点満点です。TOEICテストは10点〜990点の範囲内で、統計的処理を加え採点がなされています。

TOEICのスコアは統計処理によって算出されるため、単純に何問正解したから何点というスコアを出すことができません。TOEICの自己採点を行うためには、インターネット上にある予想スコアシュミレーターを活用します。

もしくは、公式で出されているスコアの換算表を見て、大体のスコアを出すようにしましょう。


Lifework School of Englishが提供しているオンライン講座では、TOEIC対策を行うこともできます。TOEICのスコアに伸び悩んでいる方は、ぜひ受講してみてください。オンライン講座は英会話レッスンと学習コーチングの2種類をご用意しています。基本的に週1回ですが、週2回以上も可能ですので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。






TOEICをはじめとする英語学習に役立つオンライン講座

サイト名 3ヶ月でほしい英語力を手に入れる独学英語勉強法 – 英語コーチング –
販売者名 川崎 真希
お問い合わせURL https://e-lifework.com/about/contact-3/
URL http://e-lifework.com